CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
7月予告「日田祇園集団顔見世と日田温泉」モニターツアー

「日田祇園集団顔見世と日田温泉」

          モニターツアー予告

 2016年7月21日 日田市

日田祇園祭ツアー

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

7月予告「上流現地学習」モニターツアー

「上流現地学習」モニターツアー予告

 2016年7月10日

 水郷日田の水環境と文化をめぐる

7月予告「上流現地学習」モニターツアー

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

「風浪宮沖詣り海神祭」モニターツアー実施

「風浪宮沖詣り海神祭」モニターツアー実施

 2016年5月7日大川市有明海沖

「風浪宮沖詣り海神祭」モニターツアー実施

風浪宮沖詣り160507

風浪宮沖詣り海神祭  〈平成28年5月7日斎行〉

ー干珠満珠神話がみえる祭りー

 

 その昔宇佐の「八幡宮御縁起」等によると神功皇后は海の案内者である阿曇磯良丸を竜宮城に遣わして干珠満珠(海の干潮満潮の力を司る珠)を得ることが出来たとされ、平安時代の古事記、日本書紀でもこの珠のことが記されています。  日本ではこの有明海が一番干満の差が大きく毎年旧暦4月1日の大潮の日に行なわれる風浪宮沖詣り海神祭は海洋族阿曇氏の有明海で行う意義深い祭りと云えます。  本年の祭り当日は昨年とうって変わり天候に恵まれた中、執り行われました。神職が朝、風浪宮御本殿より大御幣と呼ぶ神の依り代(よりしろ)を2本担ぎ上げ参道下の花宗川で待機中の小船に乗り込み、いよいよ神事が始まります。まず川船は川を遡上し北酒見地区の神功皇后の社に向け進みます。ここは平安時代には筑後川と花宗川に挟まれた所(碇という地名)で、船はこの川の真ん中で舳先を3度回して、宮司以下が船中より神社を遥拝致します。この神事後、船は大川漁港に向け出航し、途中お供の太鼓船を従え大御幣を掲げた小船は水天宮、日吉神社を船中より参拝しながら漁港に着岸。待ち受ける海船約10隻のうち御座船に神職と宮乙名(みやおとな)と称する神社の祭祀の世話を代々受け継ぐ五家の人が乗り、その他には6月11日・12日に開催される第30回筑後川フェスティバルの関係者並び一般募集参加の方々の船4隻を含め賑々と船団を組み午前11時半に出航しました。  早速、宮乙名さん方は羽織を脱ぎ白衣袴姿で藁を円形に組み海神にお供えする三段浮かしと呼ぶものを2基作り始める。この浮かしには竹筒にお酒を注ぎいれ、小豆ご飯をのせ、小御幣を飾りつける。出来上がったところで太鼓が鳴らされ、川と海の境目で宮乙名さんの手で船よりおろされ河口へ流される。同時に各船よりは参加者が浮かしに柏手を打ち海神へのお参りがなされた。  次に船は更に沖に向かい、やがて錨を下ろし干潟が現れるまで暫し昼食を兼ねた直会となった。  潮が引き干潟がみえた頃、祭壇、笹竹、海苔網、供え物の大きなグチという魚の煮付けなどが船より運び出され先ずは大御幣2本が干潟に刺したてられた。準備が整ったところで足袋裸足に装束を着けた神職、宮乙名、宮総代等約百名が列立の中、祭りが始まり海上安全、海産豊漁が祈願された。  祭典後、参列者は早速海の幸である貝掘に興じ海原に出現した干潟で大自然を満喫した。因みに昔は、この日を境に海に入ることになっていたそうです。  今回は福岡市東区の金印出土した志賀島よりNPO志賀島歴史研究会の坂本会長が参加され帰りの船中では同族である阿曇氏の玄界灘との繋がりなどについて話に花が咲いた。以前文科省のプロジェクトチームが参加された事があった時に帰りにどんどんと潮が満ちてきて干潟斎場に立てていた笹竹が忽ちに海中に没してゆく姿をみられた教授の皆さんが異口同音にここに、まさしく干珠満珠の神話が生きていると述べられました。又、1990年に調査された西南大学の山中耕作先生は「沖祭りは沖に降臨する神霊をお迎えに行く神事」と発表されています。  沖詣りは今年も又、夕日がまっすぐに参道に落ちていく頃、新しく海霊の力を宿した大御幣が無事に本殿に還幸され内陣に戻され海神祭は目出度く幕をおろした。  終わりに毎年ご協力頂いている大川漁協連絡協議会の皆様に厚く御礼申し上げます。 (風浪宮  宮司 阿曇史久)

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

「夕月神社桜まつりと泥打ち祭り」モニターツアー実施

「夕月神社桜まつりと泥打ち祭り」

         モニターツアー実施

 2016年3月27日朝倉市

「夕月神社桜まつりと泥打ち祭り」モニターツアー実施

筑後川まるごとリバ−パ−クモニタ−ツア−実施報告

朝倉・夕月神社の桜まつりと奇祭

泥打ち祭りをめぐる

 

 3月27日、夕月神社の桜まつりと泥打ち祭りをめぐるツアーを実施した。2000年公園でよもぎ餅づくりを体験。夕月神社の桜まつりを楽しんだのち阿蘇神社に向かった。  「打てー!打てー!」代宮司の両脇をささえる若者の声が響く。12名の氏子のこどもたちが一斉に泥を投げつける。泥は参拝者の方にも飛んでくる。悲鳴と歓声、笑い声が静かな鎮守の杜に響く。朝倉市杷木穂坂阿蘇神社の泥打ち祭りだ。代宮司は祭り当日、地区住民の氏子よりくじ引きで選ばれる。直会では大盃で酒をたらふく飲まされる。その後、白装束に白頭巾と白ずくめの姿で宮司からお祓いをうけ、神社前に盛られた神田の泥土の中に座る。氏子のこどもたちが一斉に泥土をぬりつける。泥まみれになった代宮司の両脇を若者が支える。  獅子が先導する。酔いと、泥の重さでよろけながら500m先の道祖神まで御神幸をする。代宮司に泥が多くつくほど豊作だという。江戸時代から続く豊作を願う農民たちの素朴な祭りだ。  「打てー!打てー!」の大声がかかる。こどもたちは喜々として泥を投げた。  「この祭り面白〜い。代宮司はゲゲゲの鬼太郎のねずみ男みたい」と参加者の感想。  穂坂の阿蘇神社には大ナマズの石碑が奉納されている。昔、地震は地下でナマズが暴れると起こると言われていた。「地震災害が起きませんように」との祈りをこめたのかも知れない。  熊本地震で崩壊した熊本阿蘇神社はこの神社の総本社。一日も早い復旧を願う。(平田昌之)

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

3月筑後川流域ツアー予告「朝倉・夕月神社桜まつりと奇祭/泥打ち祭り」

筑後川まるごとリバーパークモニターツアー ・予告
筑後川143km・中流探訪

「朝倉・夕月神社桜まつりと奇祭/泥打ち祭り」
 〜よもぎ餅づくり体験・昼食付
2016年3月27日(日)日帰り
中世の夕月城跡にある夕月神社には鳥居から神殿までの参道にソメイヨシノの古木がトンネルをつくります。みごとな桜並木です。桜の名所の穴場です。地元ボランティアの有志が桜のライトアップや竹灯篭なを参道に設置し、イノシシ汁や野点で歓迎します。泥打ち祭りでは、宮座に集まった氏子一同から「おみくじ」で代宮司が決定され、純白の神衣で「神の座」につきます。神田から運ばれた泥を代宮司の体に泥土をぬりつけ、さらに御神幸の間、氏子のこどもたちが代宮司に泥を投げ付けるのです。代宮司の体に泥が多くつくほど、その年は豊作であるといわれ
ている奇祭です。 祭りのクライマックスまでの間、2000年公園でよもぎ餅づくり体験をいたします。
リバーパークツアー3月「泥打ち祭りツアー」チラシ
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

「天下の奇祭・おしろい祭りと燻製づくり体験ツアー」実施12月

筑後川まるごとリバーパークモニターツアー報告

「天下の奇祭・おしろい祭りと燻製づくり体験ツアー」

 2015年12月2日福岡県朝倉市

 

 「アッハッハ!」「キヤーッ!」 日頃は、谷川のせせらぎしか無い静寂な境内から賑やかな笑い声と悲鳴が聞こえる。氏子たちの真っ白になった顔をお互いに見合わせて大笑い。参拝客の顔にもおしろいが塗られた。悲鳴の後、笑い声が広がる。

 新米を粉にして水で練った「しとぎ」をおしろいとして顔にぬる。その「しとぎ」のつき具合で豊作を占う奇祭「おしろい祭り」が12月2日、朝倉市杷木大山祇(おおやまずみ)神社であった。

 厳かな神事の後、押しずしや吸い物などと御神酒で氏子たちの直会が始まる。酔いが回ってきた頃、氏子たちは新聞紙に穴を開け雨よけポンチョのようにかぶる。ある氏子はビニール風呂敷を前掛けにした。服が汚れないための防御だ。「しとぎ」を持つた氏子が後ろから顔にたっぷり塗りつける。目も開けられない、息もできない。顔からしとぎがしたたり落ちる。宮座に座った全員が真っ白な顔になった。

 お互いの顔をみて大笑い。自分の顔をスマホで撮って見てまた大笑い。

 静かな里山に笑い声がこだました。家に帰り着くまでおしろいを落としてはならないとの言い伝えがある。久留米までマスクをはめて電車で帰った参加者もいた。きっと御利益があるに違いない。

 江戸時代から伝わる素朴な祭りのクライマックスまでの時間を2000年公園で、ダンボール箱を使って鶏の燻製づくり体験をした。鶏の燻製のサラダと新米のご飯と豚汁を美味しくいただいた。 「今日は大満足の一日だった〜!」と参加者。(平田昌之)

おしろい祭りと燻製づくり体験ツアー

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

12月筑後川流域ツアー予告「天下の奇祭おしろい祭りと燻製作り体験」
筑後川まるごとリバーパークモニターツアー ・予告
筑後川143km・中流探訪

「天下の奇祭・
    おしろい祭りと燻製作り体験」

     〜朝倉の伝統の祭り見学、昼食付
2015年122() 9:4016:30
新米を粉にして水で溶いた「しとぎ」と言われるおしろいを顔に塗り、つき具合で来年の作柄予想をする珍しい祭りが朝倉市杷木の大山祇神社で行われます。神事が終わって氏子全員が宮座の膳につき、御神酒がまわり酔いがまわりはじめたころ「しとぎ」を宮司の顔から塗り始め氏子全員の顔に、参拝の顔にも塗りつけます。祭のクライマックスです。静かな山間の神社に笑い声がこだまします。祭りが終ると「しとぎ」を真っ白にぬられた顔のまま宮座の膳を「わらづと」に包んで肩にかけ、ほろ酔い加減で家路につく姿はユーモラスです。のどかな山里の五穀豊穣を願う農民たちの祈り、江戸時代から続く素朴な祭りです。祭りのクライマックスまでの時間を筑後川展望の2000年公園でダンボール箱を使っての鶏の燻製づくりを致します。
リバーパークツアー12月「おしろい祭りツアー」チラシ
 ★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル
12月筑後川流域ツアー予告「天下の奇祭おしろい祭りと燻製作り体験」

筑後川まるごとリバーパークモニターツアー ・予告
筑後川143km・中流探訪

「天下の奇祭・
    おしろい祭りと燻製作り体験」

     〜朝倉の伝統の祭り見学、昼食付
2015年122() 9:4016:30
新米を粉にして水で溶いた「しとぎ」と言われるおしろいを顔に塗り、つき具合で来年の作柄予想をする珍しい祭りが朝倉市杷木の大山祇神社で行われます。神事が終わって氏子全員が宮座の膳につき、御神酒がまわり酔いがまわりはじめたころ「しとぎ」を宮司の顔から塗り始め氏子全員の顔に、参拝の顔にも塗りつけます。祭のクライマックスです。静かな山間の神社に笑い声がこだまします。祭りが終ると「しとぎ」を真っ白にぬられた顔のまま宮座の膳を「わらづと」に包んで肩にかけ、ほろ酔い加減で家路につく姿はユーモラスです。のどかな山里の五穀豊穣を願う農民たちの祈り、江戸時代から続く素朴な祭りです。祭りのクライマックスまでの時間を筑後川展望の2000年公園でダンボール箱を使っての鶏の燻製づくりを致します。
リバーパークツアー12月「おしろい祭りツアー」チラシ
 ★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

12月予告「天下の奇祭、おしろい祭と燻製づくり体験モニターツアー」

筑後川まるごとリバーパークモニターツアー ・予告
筑後川143km・中流探訪

「天下の奇祭・
    おしろい祭りと燻製作り体験」

     〜朝倉の伝統の祭り見学、昼食付
2015年122() 9:4016:30
新米を粉にして水で溶いた「しとぎ」と言われるおしろいを顔に塗り、つき具合で来年の作柄予想をする珍しい祭りが朝倉市杷木の大山祇神社で行われます。神事が終わって氏子全員が宮座の膳につき、御神酒がまわり酔いがまわりはじめたころ「しとぎ」を宮司の顔から塗り始め氏子全員の顔に、参拝の顔にも塗りつけます。祭のクライマックスです。静かな山間の神社に笑い声がこだまします。祭りが終ると「しとぎ」を真っ白にぬられた顔のまま宮座の膳を「わらづと」に包んで肩にかけ、ほろ酔い加減で家路につく姿はユーモラスです。のどかな山里の五穀豊穣を願う農民たちの祈り、江戸時代から続く素朴な祭りです。祭りのクライマックスまでの時間を筑後川展望の2000年公園でダンボール箱を使っての鶏の燻製づくりを致します。

「天下の奇祭、おしろい祭と燻製づくり体験モニターツアー」予告12月2日(97号)

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 

「筑後川143kmミステリーツアー」を実施しました
筑後川143kmミステリーツアー
筑後川の魅力をいっぱい発見できた旅でした
201510月1日(木)〜3日(土)
 上流から河口まで143kmの筑後川魅力発見の旅を、ミステリーツアーとして実施しました。どこに行くのか何が起こるのか秘密。10月1日〜3日2泊3日どきどきわくわくの旅でした。
1日、雨・強風・濃霧の源流域ツアーでした
 「私、雨女なんですよ」北名古屋市から夜行バスで参加されたNさん。小雨だったのが出発して間もなく本降りになりました。牧の戸峠では濃霧が私どもを迎えてくれました。「霧はロマンチックでいい。まさにミステリーツアーだ。不安と期待、わくわくするね」と別府から参加したFさん。雨の中を下城の大滝、鍋が滝、竜門の滝、夢の大吊り橋と震動の滝などを巡りました。夕食時、古びた別荘の囲炉裏を囲んで、豊後牛、鮎、生椎茸、手羽先などの炉端焼き、馬刺や鶏の足の煮付けを肴に地酒で交流会。筑後川の魅力について語り合い、大いに盛り上がりました。万年山温泉別荘泊。
2日、昨日とは打って変って快晴、快適なツアーでした
 童話の里・玖珠町では、豊後森機関庫や三島公園、奇岩秀峰が連続する裏耶馬渓の代表地である「立羽田の景」に寄りました。のどかな山里の絵に描いたような風景に感動。近くに戦国の武将・後藤又兵衛が隠れ住んだ場所という「かまどが窟」がありました。大きな岩石の割れ目で少々不気味な雰囲気でしたが魅力ある所でした。
 重要文化的景観に指定されている小鹿田焼の里で、「ギィー、ゴットン」と響きわたるのどかな唐臼の音を聞きながら小鹿田焼の作品を見て回りました。小鹿田焼のルーツである民陶の村・小石原へ足をのばしました。小石原皿山は筑後川支川の大肥川と小石原川の源流でもあり、筑後川源流の碑を設置しています。英彦山の修験者たちが植えたという行者の杉の巨木群、中でも樹齢1200年という大王杉(行者の父)には圧倒されました。 
 黒田六端城の一つである松尾城跡に登りました。「ここは天空の山城だ」とDさん。 下流域の昇開橋温泉で汗を流し、大川の三川屋に泊りました。 天然うなぎ、くつぞこの煮物、わけ(イソギンチャク)など郷土料理に舌鼓を打ちました。大川未来塾の人たちの誘いを受けて夜の大川も楽しみました。
3日、筑後川河口へのクルージング最高でした
 「早朝、昇開橋から導流堤がよくみえるよ」の声に起こされて見に行きました。その後、1800年余りの歴史を持つ風浪宮神社で宮司さんの話を聞いた後、技と心で作る大川組子も見物。緻密な技法で作られた組子、見る方向や光線の具合で表情が変わることに感嘆しました。ツアーの目玉は河口までのクルージングです。世界遺産登録の三重津海軍所跡に、船を横付にし、見物をしました。船中で珍味エツの干物とカラスミがふるまわれました。天気がよく快適な船旅でした。「船上から見る筑後川の風景もいいですね」と埼玉から参加したMさん、さかんにシャッターを切っていました。
 大川市立清力美術館、全国にある水天宮の総本宮である水天宮、梅林寺、高良大社などにも寄りました。新装開店前のカッパ洞で解散会をしました。
 北名古屋のNさんは「最高に楽しく、あっという間の3日間でした。美味しくかつ珍しい食事は食いしん坊の私の胃袋をこころゆくまで満足させてくれました。ミステリーツアーならではの場所にもたくさん案内していただけ、心に強く残る旅となりました」の感想を寄せてくれました。(記事、写真:筑後川まるごと博物館運営委員会:m-hirata)
10月ミステリーツアー報告
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.