CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
筑後川流域連携倶楽部 20周年記念祝賀会(予告)

筑後川流域連携倶楽部 20周年記念祝賀会

101010連携倶楽部20周年祝賀会

 NPO法人筑後川流域連携倶楽部は、19996月に発足し、紆余曲折しながらも20周年を迎えました。20年という歳月を振り返りながら、皆様と思い出を語りながら、未来へとつないで行くという願いを込めて、次のように記念の祝賀会を開催するはこびとなりました。

 日時 令和元年1116日(土)

場所 筑後川防災館くるめウスならびに河川敷

筑後川・矢部川流域森林・里づくり交流会10001200

20周年記念祝賀会 祝宴12301430

20周年記念祝賀協賛イベント「第2 River Crew in筑後川」10101830

会費 6,000円(九州北部豪雨災害復興支援としての小石原焼を含む)

 

 一昨々年の九州北部豪雨の爪痕もまだ生々しく残り、復興の途上にあります。その災害復興支援の一環としての企画も併催させて頂きます。九州北部豪雨災害を大きくした原因として、流域の山林荒廃があげられていますが、筑後川流域連携倶楽部はかねてからこのことを問題視して、その解決方法を筑後川フェスティバルの筑後川コンセンス会議などで話し合ってきました。昨年に森林環境税の導入が決まったこともあり、筑後川流域連携倶楽部の20周年を契機に、筑後川流域の産官学民の関係者に参加していただき、今後の森林づくりについて情報交換や人的交流の場として「筑後川・矢部川流域森林・里づくり交流会」を開催します。

筑後川流域連携倶楽部は発足して20年たち、成立以来中心的な存在であったメンバーも高齢化して、次世代にバトンタッチしなければならに時期に来ています。同時に開催されます「第2回 River Crew in筑後川」は、筑後川流域の次世代を担う「Re:R筑後川」が主催するものです。是非、ご参加いただき将来へ向けての力強いご支援をお願いいたします。

特定非営利活動法人筑後川流域連携倶楽部

 

★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓

「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓

「筑後川まるごとリバーパーク・よかばい!ちっご川流域めぐり」

facebookロゴ148

★facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館
twitter
twitterで最新情報発信中! ここをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.