CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
プロジェクトWET・子ども向け水の体験学習会を連続開催

プロジェクトWET・子ども向け水の体験学習会を連続開催

2017年

101 エデュケーターの自主研究会で子どもたちと「プロジェクトWET水の体験学習会」

114 子どもキャンパス「体験ゲームでわかる水のふしぎ」で親子が楽しく学ぶ

 

 今年71日に、くるめウスで開催したプロジェクトWETエデュケーター講習会で指導者の資格を取得した人など5人のエデュケーターが参加しました。まず101日に自主研究会を開催し、子ども向けプログラム実施へ向けて改善策を話し合いました。プログラムを行うにあたり、子どもたちに「水の大切さ」や「水の性質」等を知ってもらうという目的と活動の意味をまず伝える必要があることを皆で確認しました。その後当日くるめウスに来館している子どもたち15人といっしょに、試しにWETの体験活動を行ってみました。

 101日の活動の振り返りを行い、改良して1ヵ月後の114日に子どもキャンパスのプログラムとして「体験ゲームでわかる水のふしぎ」を実施しました。「青い惑星」「ハンプティダンプティ」「水リンピック」「驚異の旅」の4つのプログラムを、集った親子15人に対して実施しました。「驚異の旅」ではそれぞれがサイコロを振って巡った水循環の旅の物語りを皆の前で発表しました。参加者の感想として「親子で一緒に活動するのが楽しくて良かった」「水の大切さや、水のふしぎな性質がわかった」などがありました。1126日には大学生も交えて行います。

(記事、写真:鍋田康成・筑後川まるごと博物館運営委員会)

青い惑星10月1日↓        青い惑星11月4日↓

青い惑星1青い惑星2

驚異の旅10月1日↓                      驚異の旅11月4日↓

驚異の旅10月驚異の旅

ハンプティダンプティ10月1日↓    ハンプティダンプティ11月4日↓ 

ハンプティダンプティ10月ハンプティダンプティ11月4日

水リンピック10月1日↓                 水リンピック11月4日↓

水リンピック10月水リリンピック11月4日

WET体験学習会vol.110_06-07p

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.ccrn.jp/trackback/953730
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.