CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
学生が子どもたちと『プロジェクトWET』体験実習

学生が、子どもたちと「プロジェクトWET」体験実習を行いました!

 

2017年11月26日 久留米市 筑後川防災施設くるめウス
「プロジェクトWET」は、楽しく体験しながら学べるように開発された、子どもたちのための水に関する国際敬育プログうムです。将来の水の先生をめざす久留米大学の学生たちが、くるめウスに来館した子どもたちとともに、プログラムを実際に自分たちでやってみる体験実習を行いました。

 子どもたちは、(1.青い惑星)地球儀型のボールを投げ合いながら、地球の水がとても貴重な存在だということを知り、

(2.ハンプティダンプティ)パズルゲームで自然環境が一度壊れたらなかなか元に戻せないことを学びました。また、

(3.水リンピック)グループに分かれて、クリップを水に浮かぺる競争を行い、水のふしぎな性質の一つである表面張力を実感しました。さいごに、(4.驚異の旅)サイコロを振ってスゴロク形式で壮大な水の循環を楽しく体験しました。
★参加した人から感想をいただきました。

●学生A「自分で経験して理解することができたのでとても良かった

●学生B「体験を通して分かったことをしっかり考えさせることで効果的なものになると思った

●学生C「遊びを通じて学んでいくスタイルは子供の接し方など勉強になった

●学生D「こうやって水は旅をしているんだ、と理解できた

●学生E「”青い惑星”のアクティビティは100回でもやってみたいと思いました」

●子どもたちは、水リンピックは難しかったが、どれも楽しかった。参加してよかった。・・という感想でした。

また保護者の方からは・・・

●Eさん「水は大切に、とは知っているものの、本当に大事な水という事を改めて実感しました。1滴の水にもいろいろな旅があるのがおもしろかったです

●Fさん「子供が楽しく学べて“水”というものを考えるよい機会になりました

以下の写真は、この日の大体の流れです。

↓水の大切さ、ふしぎな性質、を始めにざっと伝えます

1○CIMG3446水は命kiritori2

↓青い惑星、ボールを投げて自己紹介をします

2○CIMG3468青い惑星

↓ハンプティダンプティ、パズルで自然の大切さを学びます

3○IMG_2455WETハンプティ子どもたちと

↓水リンピック、水にクリップを浮かる競争で水の性質を学びます

4○IMG_2475WET水林ピック子どもたちとkiritori

↓驚異の旅、サイコロを投げて水の循環を体験します

5○CIMG3473驚異の旅kiritori

↓驚異の旅、自分が水になってどこを旅したかをみんなに伝えます

6○IMG_2536驚異の旅kiritori

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.ccrn.jp/trackback/953726
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.