CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
利根川で三大河川交流会・シンポジウム2016 開催

利根川で三大河川交流会・シンポジウム2016 開催

「源流域の魅力と地域づくり体験inみなかみ町」

〜坂東太郎、筑紫二郎、四国三郎の三兄弟河川が集う〜

2016年1014  群馬県みなかみ町猿ヶ京温泉でんでこ座三国館

     1015  現地見学会

 

 今年は6月の筑後川及び8月の吉野川での交流会に続き今年3回目となる三大河川相互交流は、利根川最上流の群馬県みなかみ町で行われました。

 このシンポジウムでは、我が国最大の流域面積を抱える大河利根川の源流域において、そこでの暮らしの中に息づくその特徴を体験するとともに、「源流」をテーマとした三大河川の交流を通じ、利根川流域の特徴を感じ、知る機会となりました。

 基調講演は「利根川源流域の魅力と課題」と題して、群馬工業高等専門学校 名誉教授 青井透氏が行いました。パネルディスカッションは「源流域の魅力と地域づくり」をテーマとして地元利根川及び吉野川の関係者の他、筑後川から筑後川流域連携倶楽部・駄田井理事長が参加し行われました。夜の三大河川交流会では、恒例の阿波踊りをみんなで踊り、交流を深めました。

 翌15日は、利根川源流域の市民活動やダム・峽谷などを見学し、この大会を終えました。(鍋田康成)

利根川で三大河川交流会・シンポジウム開催11月

●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                    ここをクリック!→→人気
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.ccrn.jp/trackback/953613
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.