CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
4月24日「筑後川大学2015」開講のお知らせ
あなたも筑後川のものしり博士になりませんか!
 ●2015年4月より(市民向け公開講座)
「筑後川大学2015」が開講します。
2015年度テーマ

[筑後川が育んだ流域の歴史]

2015年4月より「筑後川大学2015」を開講します。この講座は、一般市民の方々を対象として筑後川の魅力を伝えるとともに地域や川への関心を深め、流域の環境について考えていただくきっかけとなることを目的としています。この講座はどなたでも参加できます.お誘い合わせのうえぜひご参加下さい。
この講座は「筑後川まるごと博物館」運営委員会認定の芸員養成講座も兼ねています。
筑後川まるごと博物館運営委員会は筑後川流域の環境改善と地域の活性化をめざして多様な活動を行っており、当博物館の学芸員認定を受ければ(受講回数などの条件有り、希望者のみ)その活動に参加できます。今までの学芸員認定者は現在14期60人です。
●「筑後川まるごと博物館」の受賞暦:
2006年5月 第8回日本水大賞で厚生労働大臣賞を受賞
2011年3月 
第3回ふくおか地域づくり活動賞でグランプリ(福岡県知事賞)を受賞
1.会場:筑後川防災施設くるめウス」を主会場とします。
〒839‐0865久留米市新合川1-1-3(百年公園北側,ゆめタウン西側)
(問合せ)TEL:0942‐45‐5042 FAX:0942‐45‐5043  
ただし10,11,2月は別の会場で出前講座をいたします。
※10月の会場:福岡県福岡市天神エルガーラオフィス(久留米大学福岡サテライト)
※11月の会場:筑後川フェスティバルin玖珠の会場(大分県玖珠町)
※2月の会場:風浪宮参集殿

        福岡県大川市酒見 (TEL:0944-  ) 
2.開講日時:2015年4月〜2016年3月(年間通して毎月1回の開催)
3.受講料:無料
(筑後川の概要をまとめたオリジナルの教科書を会場で販売します。)
4.講座日程:年間12回の講座です。
当日の受講はくるめウス会場に直接おいで下さい。
変わることもありますので、事前に一度お問い合わせください。

(1)4/24(金)駄田井正(久留米大学名誉教授)筑後川の歴史から学ぶことくるめウス18:30〜20:00
(2)5/22(金)井上悦文(邪馬台国研究家)邪馬台国は朝倉にあった!新視点で見る倭人伝くるめウス18:30〜20:00
(3)6/26(金)田中慎一郎(筑後川水源地基金常務理事)筑後川中流域における、まぼろしの放水路くるめウス18:30〜20:00
(4)7/17(金)本間雄治(NPO法人大川未来塾)筑後川下流(大川口)の九州近代化遺産群くるめウス18:30〜20:00
(5)8/21(金)篠倉大樹(久留米大学比較文化研究所研究員)「久留米合川周辺の水と地形と生活の歴史くるめウス18:30〜20:00
(6)9/11(金)講師調整中(久留米市文化財保護課有馬藩・久留米城下町の成り立ちと筑後川の関わりくるめウス18:30〜20:00

(7)10/17(土)羽田史郎(筑後川まるごと博物館歴史部会長)筑後川流域の歴史と福岡の関わり福岡天神(久留米大学サテライト)12:30〜13:50
(8)11/8(日)渡部秀之(筑後川河川事務所所長)「筑後川流域における治水・利水の昔と今筑後川フェスティバル玖珠町会場13:30〜15:00
(9)12/18(金)工藤啓(水資源機構筑後川局局長)筑後川流域の水資源開発の歴史くるめウス18:3020:00
(10)1/9(土) 重松正道(鳥栖郷土研究会)対馬藩田代領の米の廻送 筑後川舟運から海運へくるめウス13:30〜15:00
(11)2/6()阿曇史久(風浪宮宮司)風浪宮と有明海・古代海洋民族のつながり大川市内風浪宮参集殿 14:00〜15:30
(12)3/6(日)筑後川歴史シンポジウム パネルディスカッション筑後川が育んだ流域の歴史くるめウス13:30〜16:00

※講座日程、内容は変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。
※途中で現地学習会を催すことがありますが、その場合は別途ご案内いたします。
※当博物館では、同時に久留米大学公開講座「筑後川流域社会経済論」も大学と共同して開講しています。
こちらへの参加も可能です。
案内書は「くるめウス」にあります。
(こちらの講義は、前期4/13〜7/27、後期9/28〜1/18、原則毎月曜 16:40〜18:10)
※お問い合わせは「筑後川まるごと博物館運営委員会」までお願いします。
5.講座運営:
筑後川まるごと博物館運営委員会
〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-202
Tel:(0942)21-9311 Fax:(0942)21-9311
Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
ホームページ:http://ccrn.jp/ 
 CCRN-blog: http://blog.ccrn.jp/ 
 blog筑後川新聞 :http://news.ccrn.jp/
6.主催:筑後川まるごと博物館運営委員会
         一般社団法人 北部九州河川利用協会
7.申込書:
次の受講希望の日程に○印を付け送付してください。
●FAX送信先→ 0942-45-5043 くるめウスまで
ア、 4月  イ、5月  ウ、6月   エ、7月  オ、8月  カ、9月 
キ、10月  ク、11月  ケ、12月  コ、1月  サ、2月  シ、3月 

お名前:          住 所:〒
所属: 
TEL:        
 FAX:       
Eめーる:
●案内チラシはこちら↓ 筑後川防災施設くるめウスにあります
筑後川大学2015チラシ
★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓

「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      

「筑後川まるごとリバーパーク・よかばい!ちっご川流域めぐり」

twitter
●twitterで最新情報発信中。 ここをクリック→kourasan  
JUGEMテーマ:地域/ローカル
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.ccrn.jp/trackback/953467
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.