CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
入会案内(NPO法人筑後川流域連携倶楽部)
筑後川流域のNET&PRODUCE
特定非営利活動法人筑後川流域連携倶楽部 入会案内
会員募集中!
1.発足の意義と願い
   筑後川流域連携倶楽部は1999617日、特定非営利活動法人(通称NPO法人)として福岡県の認可を受けました。爾来、筑後川流域圏において環境の保全、文化の振興や経済の活性化などに取り組むグループや個人のネットワークの役割を果たしております。
 筑後川流域圏においてこのような連携・ネットワークができあがったのは、さかのぼれば筑後川を水運に利用した長い交流の歴史に求められますが、直接的には筑後川フェスティバルの開催と久留米大学産業経済研究所がはじめた筑後川流域圏の総合的研究に求められます。
   筑後川フェスティバルは1987年大川市で始まりました。久留米大学産業経済研究所での筑後川流域圏の総合的な研究も、ほぼ同じ時期に始まり、筑後川フェスティバルでもシンポジウムやフォーラムを開催し、その成果を発表してきました。フェスティバルの実行委員会と久留米大学の研究グループは、流域圏の環境を保全し、文化を振興し、経済を活性化するには、流域の連携が不可欠であり、その核になるような組織づくりが是非必要であると痛感し、筑後川流域連携倶楽部を設立するに至りました。          
 理事長 駄田井 正
2.入会のお願い
●年会費のご案内
・正会員(個人)  年会費    2,000円〜
・賛        年会費    5,000円〜
・企    年会費   30,000円〜
・広 賛     年会費  60,000円〜随時             
●入会と会費
 郵便局備付の郵便振替用紙(事務局にもあります) の通信欄に会員種別、住所、氏名、連絡先をご記入の上郵便振替口座に会費をお振込み下さい。
 または裏面のお申込用紙に必要事項をご記入の上、年会費と共に担当者へお渡し下さい。
入金確認後会員名簿に登録され、総会のご案内と筑後川新聞を年6回お送りいたします。
●会費・寄付等の振込先
・郵便振替口座:01750-8-65203
 筑後川流域連携倶楽部
・筑邦銀行 日吉町支店 普通預金 1754902
※恐縮ですが振り込み手数料はご負担願います。
3.目的と活動 
 本会は筑後川流域圏の地域連携を深めるための情報交換と人的交流を促進し、流域圏における環境向上・文化の発展に寄与することを目的とし、まちづくりの推進、環境保全、文化芸術スポーツ振興を図る活動を目的とする。
●主な活動内容
・流域情報紙「筑後川新聞」年6発行
・坂東太郎利根川、四国三郎吉野川、
 筑紫次郎筑後川の三河川交流推進活動
・筑後川流域フェステイバルの推進協力
・筑後川まるごと博物館構想運営協力
・筑後川まるごとリバーパーク構想の実現 
・筑後川河川敷清掃
 西日本花火大会翌日午前6:00 梅林寺下河川敷集合
筑後川クリーンアップ支援隊 
 毎月第2土曜午前9:30  くるめウス玄関前集合
・地域防災施設くるめウス施設管理運営
4.特定非営利活動法人筑後川流域連携倶楽部
  入会の申込書
ご支援有難う御座います。頂いた情報は当倶楽部活動関連の発送に活用させて頂きます。
下の申込書をコピーの上、記入して送ってください。

入会申込書うえ
入会申込書した
筑後川うえ
筑後川した
 カモ一家
特定非営利活動法人筑後川流域連携倶楽部
830-0018久留米市通町6-17-3F
理事長 駄田井 正
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.ccrn.jp/trackback/953465
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.