CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2014年3月9日予告!筑後川防災シンポジウム「昭和28年筑後川大水害から60年〜流域の変化と将来への課題〜」
参加者募集中!無料です。
筑後川大学2013
(市民向け公開講座)
第13講 
筑後川防災シンポジウム
「昭和28年筑後川大水害から60年」
〜流域の変化と将来への課題

●日時:2014年3月9(日)
      13:30受付開始
14:00〜16:30

なお、会場では昭和28年と平成24年の水害写真の展示をします。

また13時30分からは、昭和28年筑後川大水害の記録写真集をスライド映写する予定です。

●会場:久留米大学御井キャンパス 御井学生会館3Fミーティングルーム3
       
(大学北門,JR久大本線久留米大学前駅からが近いです。)

  福岡県久留米市御井町1635番地 TEL 0942-43-4411()
御井キャンパスへのアクセス→
http://www.kurume-u.ac.jp/announce/kouhou/map.htm市内地図
                       (医学部・大学病院があるほうではありません。)
御井学生会館へお越しください。→http://www.kurume-u.ac.jp/announce/kouhou/map-mii_h.htm御井キャンパス地図
西鉄バス系統番号1・2・7・8・9・40・45・48(信愛女学院、竹の子、青峰団地行にて朝妻又は久留米大学前下車)
               (大学北門,JR久大本線久留米大学前駅からが近いです。)

●主旨:平成25年は昭和28年6月の筑後川大水害からちょうど60年。また、平成24年7月九州北部豪雨水害から1年を過ぎました。この60年間に流域の様子は大きく変化してきました。この間、流域で起こった2つの大水害を元に、将来の流域のあり方や地域防災への課題を考えます。基調講演は、昭和28年当時筑後川大水害を調査された東京大学名誉教授の高橋裕氏、そのほか流域で災害、防災、ボランティア等の分野での調査研究や実践活動されている方々をパネラーとして迎えて来場の皆様と共に語り合います。
●進行:
13:30受付開始  (開会までの時間、昭和28年筑後川大水害の記録写真集をスライド映写の予定)
14:00開会  あいさつ:
佐藤幸甫((一社)北部九州河川利用協会理事長)
       総合司会:鍋田康成(筑後川まるごと博物館運営委員会事務局長)
14:03基調講演「昭和28年筑後川大水害から60年、過去から未来へ向けて」  
  
      講師;高橋 裕
氏(東京大学名誉教授)

15:00休憩       
15:10パネルディスカッション 
  コーディネーター:荒牧軍治 佐賀大学名誉教授九州河川災害支援ネットワーク交流会議の座長
  パネラー:
高橋裕 (東京大学名誉教授)

     松田光司 氏(久留米大学准教)大学生の災害復旧ボランティアを指導

     財津忠幸 (森林インストラクター)平成24年の流木被害を検証し、森の変化を警告

     松富士将和 (矢部川をつなぐ会会長)矢部川流域のNPOをつなぐボランティア実践
アドバイザー:渡部秀之
(国土交通省筑後川河川事務所所長)河川管理者
              山本隆利 ((一社)北部九州河川利用協会 専務理事)

16:30閉会あいさつ  筑後川まるごと博物館 浅見良露 館長
[写真:昭和28年大水害で崩れた宮の陣橋(久留米市)]
S28宮ノ陣橋
[写真:平成24年豪雨,矢部川の流木被害(八女市)]↓
H24笠原川、矢部川との合流部の橋に流木
会場の位置↓
久留米大学御井学生会館アクセス
主 催:一般社団法人 北部九州河川利用協会

   久留米大学経済社会研究所筑後川プロジェクト

          筑後川まるごと博物館運営委員会
             (事務局)  Tel,fax:(0942)21-9311  
                  e-mail:ppnpf822@yahoo.co.jp
終了後、引き続き下記の会を行いますので、関係の方、関心のある方はどなたでもご参加下さい。

●筑後川まるごとリバーパーク推進協議会
  筑後川流域の環境と地域活性化の調和をはかりながら観光交流の推進をめざして行います。
16:40開会あいさつ(一社)北部九州河川利用協会佐藤幸甫理事長
16:43協議事項  
 1.平成25年度実施のモニターツアーの取組み

 2.平成26年度予定のモニターツアーのスケジュール
 3.筑後川流域「川の駅」の取組みについて
 4.その他
17:30閉会あいさつ:駄田井正(NPO法人筑後川流域連携倶楽部理事長/久留米大学教授)

筑後川大学受講生募集!
あなたも筑後川のものしり博士になりませんか!

●「筑後川防災施設くるめウス」において毎月1回「筑後川大学」を開講。一般市民の方々を対象として、筑後川の魅力を伝えるとともに地域や川への関心を深め、流域の環境について考えていただくきっかけとなることを目的としています。あなたが知らない筑後川の再発見があるかも?
なお2014年度も引き続き4月より開講の予定です。このサイトで案内します。
講座運営:
この件に関するお問い合わせは下記までお願いします。
筑後川まるごと博物館運営委員会(事務局 鍋田康成)
〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-101
Tel:(0942)21-9311 Fax:(0942)21-9311
Eメール:
ppnpf822@yahoo.co.jp
ホームページ:http://ccrn.jp/ 
 CCRN-blog:
http://blog.ccrn.jp/ 
 blog筑後川新聞 :
http://news.ccrn.jp/

主催:筑後川まるごと博物館運営委員会、
 共催:社団法人 北部九州河川利用協会

 後援:国土交通省筑後川河川事務所

●下の申込書を送信先へ送ってください。      
FAX送信先→ 0942-45-5043
くるめウスまで(または上の住所へ)

1. 3月9日の筑後川大学筑後川防災シンポジウムに参加します。

お名前:         
住 所:〒                                         
所属:                                    

TEL:            
FAX:               
Eめーる:                         

●この講座を知ったのは次の内どれですか?
1チラシ, 2案内状, 3知人の誘い,4ホームページ,5一般新聞、6筑後川新聞,
  7他(         )

※連絡先を記入していただければ今後の案内を差し上げます。
筑後川大学2014年3月9日シンポジウム予告
JUGEMテーマ:地域/ローカル
★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓

「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓

「筑後川まるごとリバーパーク・よかばい!ちっご川流域めぐり」

twitter
●twitterで最新情報発信中。 ここをクリック→kourasan  
 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.