CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
久留米かすり手織元による「藍染め」体験講座(筑後川まるごと博物館運営委員会)
9月12日(日)10:00〜12:00筑後川発見館くるめウス
久留米かすり手織元による「藍染め」体験講座
●指導、講師:山村省二氏
 (有限会社山藍代表・久留米絣国指定重要無形文化財技術保持者会会員)
●募集対象者:定員20人程度、一般市民、親子での参加も可です。
●持ってくるもの:新聞紙3日分
,カナヅチ(たたき染めをします)
●参加料:1人500円
久留米絣(かすり)には
四国三郎吉野川の藍が欠かせません。

・久留米絣は国指定重要無形文化財です。その条件の一つに、
「純正天然藍で染めること」とあります。この純正天然藍は、現在国内では四国三郎・吉野川流域の徳島産が唯一といわれています。かつては筑後川流域も国内有数の藍の産地だったそうですが今はもう見ることができません。
・私達は、筑紫次郎筑後川と四国三郎吉野川のこの深〜い縁を知り、吉野川流域の市民団体と川兄弟交流を2005年より行ってきました。昨年徳島より送って頂いて育てた吉野川の「藍の種」を今年3月末に、筑後川発見館くるめウス玄関前の花畑にまき、4ヶ月たった現在この藍草は緑色の葉を茂らせています。
・今回、久留米絣手織元「山藍」代表の山村省二氏のご協力とご指導により、くるめウスで育った吉野川の藍の葉を使って、だれでもできる簡単な「藍染め」体験講座を行います。白いハンカチにタタキ染めをします。伝統工芸久留米かすりのお話も語っていただきます。こんな機会はめったにありません。親子での参加歓迎します。
久留米絣に興味ある方、藍染めを体験したい方、ぜひご参加下さい!
●(お問い合わせ)         
筑後川発見館くるめウスTEL:0942−45−5042 http://www.kurumeus.org/  http://news.ccrn.jp/
筑後川まるごと博物館運営委員会 TEL 0942−21−9311 http://ccrn.jp/  http://blog.ccrn.jp/
●次の参加申込みされる日程に○印をしてください。
8月25日9:30より受付開始
・9月12日の「藍染め体験講座」への参加を申し込みます。   
お名前:           
所属団体・会社              
参加者はみんなで    人
住 所:〒                    
    TEL:        
    FAX:       
藍染教室2010

★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」

★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

twitter
kourasan ●twitterで最新情報発信中。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.ccrn.jp/trackback/947628
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.