CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2010年1月の筑後川なんでも発見団(筑後川まるごと博物館運営委員会)
筑後川なんでも発見団 2010年1月の予告
筑後川とその環境を知り、川に親しみながら、誰でも参加できる楽しい体験イベントやわかりやすい講座、展示などを筑後川発見館「くるめウス」を中心に毎月行っています。
★2010年1月17日(日) 13:00出航〜14:30帰港
筑後川大学「筑後川を舟で行く探鳥会」体験学習
●遊覧船に乗って筑後川の野鳥を探しにいきます。この時期は筑後川に
多くのカモが来ています。あなたは何種類見つけられるかな。
●ガイド:松富士将和さん(日本野鳥の会筑後支部)
●募集対象:小学生以上、親子参加歓迎 ●定員40人程度
 ●集合場所:12:45までに水天宮下の河川敷乗船場へ。
定刻に出発します。


★1月23日(土) 13:00くるめウス出発、
13:30(車でいける人)現地集合〜15:30現地解散

「身近な水はどこへ行く?浄化センター探検!」
ちくご川キッズ探検隊

●久留米市下水道部の協力により、筑後川と下水処理場の水質を調べ、
わかりやすく解説します。
●久留米市南部浄化センターを探検し、汚水をきれいにする仕組みを
学び、水をきれいにする微生物の不思議を顕微鏡で観察します。
●申込みが必要です(くるめウスまで)。
●先着順20人まで受け付けます。一般参加可、親子参加歓迎です。
●車で行ける方は直接現地へ行って下さい。足のない方はくるめウス集合
★1月31日(日)14:00〜16:00一般参加自由・無料
流域の歴史を知ろう(7)「江戸・明治時代」
●私たちが住む筑後川流域のその成り立ちを、探っていきます。
私たちの身近なところに意外な歴史がひそんでいます。
●筑後川まるごと博物館の学芸員羽田史郎が、豊富な資料映像を交え
大画面で映写しながらわかりやすく解説します。
※上の内容は変わることがあります。また、撮影した写真は広報などで利用することがあります。
(お問い合わせ)
筑後川まるごと博物館運営委員会 TEL 0942−33−2121 http://ccrn.jp/  http://blog.ccrn.jp/
筑後川発見館くるめウスTEL 0942−45−5042 http://www.kurumeus.org/
●次の参加申込みされる日程に○印をしてください。
・1月17日の「筑後川を舟で行く探鳥会」への参加を申し込みます。
(12月25日より受付開始)
・1月23日の「身近な水はどこへ行く?浄化センターを探検」を申し込みます。
・1月31日の「流域の歴史を知ろう、江戸・明治時代」への参加を申し込みます
お名前:           
小学・中学 年生  人、大人   人 参加者はみんなで    人
住 所:〒
TEL:           FAX:         Eめーる:


★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、

これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!

      ↓

「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」


★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、

筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!

      ↓

「筑後川まるごとリバーパーク・

よかばい!ちっご川流域めぐり」


twitter

kourasan ●twitterで最新情報発信中。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.ccrn.jp/trackback/918566
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.