CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2009年12月の筑後川なんでも発見団(筑後川まるごと博物館運営委員会)
筑後川なんでも発見団 2009年12月の予告
筑後川とその環境を知り、川に親しみながら、誰でも参加できる楽しい体験イベントやわかりやすい講座、展示などを筑後川発見館「くるめウス」を中心に毎月行っています。
★12月6日(日) 14:00〜15:30
こどもたち集まれ!紙しばいが始まるよ!
●昔のように、自転車を使ったスタイルで紙しばいを上演します。
ご家族そろって紙しばいの懐かしい雰囲気を楽しみませんか。
●人気のオリジナル「あきらくんとカッパ」
「ゴロゴロさんとヨシの木」を上演します。
●場所:筑後川発見館くるめウス   
●一般参加自由・観覧無料
★12月18日(金) 18:30〜20:00
筑後川大学(くるめウス市民公開講座)
「筑後川流域の文化を考える」
●一般参加自由・受講無料
●講師:古賀邦夫さん(古賀河川図書館)
●筑後川は古くから災害を繰り返してきましたが、その反面豊かな恵みを
人々に与えてきました。その恵み人々の営みが即ち筑後川の文化である。
ではどのような文化が育まれてきたのでしょうか。
★12月13日(日)11:00出航〜12:30帰港
筑後川を船で行く探鳥会 
●遊覧船に乗って筑後川の野鳥を探しに行きます。
この時期は、筑後川に多くのカモが来ています。
●ガイド:松富士将和さん(日本野鳥の会筑後支部)
●募集対象:小学生以上(低学年は保護者同伴) 
●定員30人程度
●集合場所:水天宮下の河川敷乗船場へ、10:45までに、定刻出発します。
※上の内容は変わることがあります。また、撮影した写真は広報などで利用することがあります。
(お問い合わせ)
筑後川まるごと博物館運営委員会 TEL 0942−33−2121 http://ccrn.jp/  http://blog.ccrn.jp/
筑後川発見館くるめウスTEL 0942−45−5042 http://www.kurumeus.org/
alt="なんでも発見団12月" class="pict" />
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.ccrn.jp/trackback/915454
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.