CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
徳島・吉野川で利根川・筑後川・吉野川 三河川交流を行う

徳島・吉野川で利根川・筑後川・吉野川 三河川交流を行う

徳島市 2019119日・10

 

 利根川・吉野川・筑後川の三河川交流シンポジウムが「第5回川ごみサミットinとくしま」と同時開催されました。  川は私たちの身近にあり、親しまれ、恵みを享受しています。しかし、近年、川から海に流れるプラスティックが世界的な問題になっています。  このサッミトでは、徳島をはじめ全国の地域の取り組み事例が発表されました。利根川・筑後川・吉野川の交流活動を紹介し、川ごみ問題の解決について話し合いました。2日目はエクスカーションで吉野川河川敷のごみ拾いを体験しました。(筑後川入道) 「利根川の水が首都圏を支える」シンポジウムに参加して  昨年1129日、東京都北区中央工学校にて、利根川流域交流会主催の「利根川の水が首都圏を支えるシンポジウム」が行なわれた。  主旨は、流域を越えて利根川の水が首都圏の生活を支え、東京オリンピック・パラリンピックをも開催が可能になることを認識する。昭和39年東京オリンピックでは、雨不足・水不足で緊急に利根川から導水した経過がある。  首都圏における水問題・利水・水道に携わる人々の情報を交換し、上下交流を図ることで、次のような講演と、利根川・筑後川・吉野川からの話題提供があった。なお、首都圏の水は利根川上流群の矢木沢ダム等の開発で安定した水が送られている。  1130日、利根川流域交流会、筑後川流域連携倶楽部、吉野川推進会議のメンバーは、文京区本郷の東京都水道歴史館に出かけ、江戸期の玉川兄弟が尽力した玉川上水の仕組み、木樋、継手の組み方、神田上水の白堀(葢をしてない水路)、また近代水道では、鉄製の共用栓、鋼鉄管を見学し、東京都の水道の歴史を学んだ。  その後荒川下流部は海面より低いゼロメートル地帯になっており、荒川堤防が洪水によって決壊しないように、高規格堤防が整備されている。その堤防を見学したが、堤防は広く拡張され、水辺の眺望が開け、公園化されて憩いの広場となっていた。  河川を知る有意義な2日間であった。(古賀河川図書館 古賀邦雄)

123兄弟河川交流会191109

★筑後川を「調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を「旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の「川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

★facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

★twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

四国三郎・吉野川交流ツアー・予告

四国三郎・吉野川交流ツアー・予告

吉野川ツアーvol.107_02-03p

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

利根川で三大河川交流会・シンポジウム2016 開催

利根川で三大河川交流会・シンポジウム2016 開催

「源流域の魅力と地域づくり体験inみなかみ町」

〜坂東太郎、筑紫二郎、四国三郎の三兄弟河川が集う〜

2016年1014  群馬県みなかみ町猿ヶ京温泉でんでこ座三国館

     1015  現地見学会

 

 今年は6月の筑後川及び8月の吉野川での交流会に続き今年3回目となる三大河川相互交流は、利根川最上流の群馬県みなかみ町で行われました。

 このシンポジウムでは、我が国最大の流域面積を抱える大河利根川の源流域において、そこでの暮らしの中に息づくその特徴を体験するとともに、「源流」をテーマとした三大河川の交流を通じ、利根川流域の特徴を感じ、知る機会となりました。

 基調講演は「利根川源流域の魅力と課題」と題して、群馬工業高等専門学校 名誉教授 青井透氏が行いました。パネルディスカッションは「源流域の魅力と地域づくり」をテーマとして地元利根川及び吉野川の関係者の他、筑後川から筑後川流域連携倶楽部・駄田井理事長が参加し行われました。夜の三大河川交流会では、恒例の阿波踊りをみんなで踊り、交流を深めました。

 翌15日は、利根川源流域の市民活動やダム・峽谷などを見学し、この大会を終えました。(鍋田康成)

利根川で三大河川交流会・シンポジウム開催11月

●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                    ここをクリック!→→人気
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

三兄弟河川 縁結び暦2017年版 作成

三兄弟河川 縁結び暦2017年版 作成

  2005年の最初の出会いから始まった兄弟河川交流を内外にアピールしようと、2007年からまず吉野川と筑後川共同で「縁結びカレンダー」を毎年製作しました。2011年版からはこの「縁結びカレンダー」作成に、坂東太郎・利根川も加わり日本三大河川がそろいました。そして、この交流をふまえて、2012930日に徳島市において3兄弟河川縁組み調印式を行うに至りました。今後もこの交流をさらに推進することで、それぞれの川の環境改善と流域の活性化が進むことを期待してこのカレンダーを作成しています。

●2017年版のテーマ:「川とスポーツ」

仕様:フルカラー 1枚 B2

このカレンダーは、先着順で、くるめウスにおいて領布します。

制作:NP0法人筑後川流域連携倶楽部(久留米市) 吉野川渡し研究会(徳島県徳島市) 利根川流域交流会(千葉県松戸市)

お問合せ: NPO法人筑後川流域連携倶楽部(くるめウス内)

TEL0942‐45‐5042 FAX45‐5043

兄弟河川縁結び暦2017

●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                    ここをクリック!→→人気
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

吉野川で三大河川シンポジウム2016開催

「日本三大暴れ川」兄弟川の縁組交流

相互交流を始めて11年、兄弟河川縁組み調印から5年

 坂東太郎、筑紫次郎、四国三郎と日本有数の暴れ川、三大河川として数えられる関東の利根川、九州の筑後川、四国の吉野川では、それぞれの流域の川に関する市民活動も活発です。地域は違っても、川や地域を良くする、という大きな目的を同じくする私達は、2005年の最初の出会いから兄弟川の縁結びをめざして、2006年よりまず筑後川と吉野川が毎年相互に訪問し合い、2012年に利根川も含めて三大河川兄弟縁組み調印を行いました。

吉野川で三大河川シンポジウム開催8月syasinn

吉野川で三大河川シンポジウム2016開催

827日〜28日 徳島県東みよし町

(吉野川交流推進会議 利根川流域交流会 NPO法人 筑後川流域連携倶楽部)

 

 2006年より毎年実施している四国・吉野川への交流ツアーも11回目となる今年は826日に久留米を出発、久留米大学生を含む20人が吉野川中流域の徳島県東みよし町を訪問しました。6月の大川市に続き今年度2回目の交流です。

 27日、フェリーで松山港に早朝に上陸し、午前中、上流域の大歩危・小歩危の大峽谷を訪れ、ラフトボートで激流下りを体験し、波しぶきを浴びて感動しました。午後、会場の吉野川ハイウェイオアシスに入り、日本三大河川シンポジウムに参加し、筑後川をアピールしました。阿波おどり大会や夜の懇親会では、利根川、吉野川の仲間と大いに交流しました。

 28日は加茂の大クス、ぶぶるパークみかも、加茂第二堤防など吉野川中流域を見学した後、山上にある四国別格霊場の箸蔵寺に参り徳島を後にしました。豊後海峡をフェリーで渡り、夜10時過ぎには無事久留米に帰着しました。  (鍋田康成)

吉野川で三大河川シンポジウム開催8月syasinn2  

 吉野川で三大河川シンポジウム開催8月syasinn1

三河川交流への期待

NPO法人 筑後川流域連携倶楽部 理事長 駄田井 正

 吉野川流域の人たちと交流をはじめて11年、徳島県知事の仲人で利根川を交えて三河川が兄弟縁組して5年になります。毎年それぞれの河川を訪れているので、各流域の人たちとは年3回は顔を合わせます。近くにいる知人でも年3回顔を合わせるのはそうざらにはいない。そういうわけで利根川と吉野川の人たちとは気心の知れた仲間になっていました。

 それぞれの川にはそれぞれ独自の事情や課題がある一方で共通のものも多い。見習うことも多く情報を共有できることは有り難いことです。交流の場では、お互い遠慮なく意見を出し合って活動の中身を高めています。

 今までの交流で三河川交流の意義をお互いに認識し、情報を共有化する道筋もできたので、第2の段階に進む時期が来たのではないかと思っています。各流域で魅力ある着地型ツアーを企画し、人々の交流をより広範なものにすること。そしてこのことを通して物産も交換できれば、地域創造につながります。また子供たちのスポーツや文化の交流もできればと期待しています。

三河川交流への期待

写真で見る三大河川交流の経緯1

写真で見る三大河川交流の経緯2

●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                    ここをクリック!→→人気
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

      

 

 

8月予告三大河川交流「四国三郎・吉野川ツアー」

三大河川交流

「四国三郎・吉野川ツアー」予告

 2016年8月26〜28日

8月予告「四国三郎・吉野川ツアー」写真

8月予告「四国三郎・吉野川ツアー」2syasinn

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

坂東太郎・筑紫次郎・四国三郎の縁結びカレンダー2016年版制作
坂東太郎・利根川
筑紫次郎・筑後川
四国三郎・吉野川

日本三大暴れ川・兄弟河川の

縁結び暦(カレンダー)2016年版制作しました。
●経緯と趣旨:
 
坂東太郎、筑紫次郎、四国三郎・・・と日本有数の暴れ川、三大河川として数えられる九州の筑後川と四国の吉野川では、それぞれの流域の川に関する市民活動も活発です。地域は違っても、川や地域を良くする、という大きな目的を同じくする私達は、兄弟川の縁結びをめざして、2005年よりまず筑後川と吉野川が相互に訪問し合うなどして、親交を温めて2007年からは共同で「縁結びカレンダー」を製作しています。2011年版からは坂東太郎・利根川も加わりました。そして2012年9月30日に徳島市において日本三大河川兄弟縁組み調印を行いました。
 この交流を広く知ってもらおうと始めた縁結びカレンダーは、この2016年版で9年目になります。
今後この三兄弟川の交流をさらに推進することでそれぞれの川の環境改善と流域の活性化が進むことを期待します。
  
●制作吉野川交流推進会議、吉野川渡し研究会(徳島県徳島市)
        
利根川流域交流会
(茨城県取手市)
        NPO法人筑後川流域連携倶楽部(福岡県久留米市)   
2016年版のテーマは「三大河川の縁結び」(B2サイズ)↓
縁結びカレンダー2016
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル
兄弟へ届け流域の思い、鬼怒川被災地へ義捐金

兄弟へ届け流域の思い

鬼怒川被災地へ義捐金

柏市での三大河川交流会で鬼怒川水害義捐金贈呈

 2015年10月30日千葉県柏市
 

 筑後川流域連携倶楽部では、9月に発生した鬼怒川氾濫で被災した地域への義捐金を久留米市内を中心に各所で募った。鬼怒川は同会が兄弟川の縁組を行い交流を図っている利根川水系の1級河川。市民および同会からの義捐金を利根川流域交流会へ託した。
鬼怒川義捐金送呈
●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                    ここをクリック!→→人気
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

利根川で三大河川交流会/KASHIWA大会開催

利根川で三大河川交流会「首都圏のオアシスin手賀沼」

KASHIWA大会シンポジウム開催

1030 千葉県柏市柏市民文化会館 
1031日 現地見学会

 

 今年は8月の吉野川での交流会に続き今年2回目となる三大河川相互交流は、利根川中流の柏市周辺で行われました。

 このシンポジウムでは、利根川水系手賀沼の市民と水辺の関係の現状について認識し、今後の地域づくりについての課題や展望を共有しました。また、兄弟縁組を締結した利根川、筑後川、吉野川のそれぞれの流域内における活動等、幅広い意見交換を通して、利根川流域圏における新たな展望と連携の在り方を考えました。

 基調講演は「手賀沼と通水16年目の北千葉導水路」と題して、聖徳大学講師の相原正義氏が行いました。パネルディスカッションでは「首都圏のオアシス、手賀沼によせて」をテーマとして地元関係者の他、筑後川から筑後川連携倶楽部・駄田井理事長が参加し行われました。また、会の中で鬼怒川水害被災地への義捐金贈呈式も行われました。夜の三大河川交流会では、恒例の阿波踊りをみんなで踊り、交流を深めました。

 翌31日は、午前中、手賀沼周辺などを見学し、この大会を終えました。
10月3大河川柏大会

●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
   ここをクリック!→→人気
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!

      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

「日本三大暴れ川」兄弟川の縁組交流 /吉野川市でシンポジウム開催
「日本三大暴れ川」兄弟川の縁組交流
吉野川市でシンポジウム開催

 筑後川から訪問し、利根川からも川の仲間が集まる!

 828日〜30日 実施/NPO法人 筑後川流域連携倶楽部 

 2006年より毎年実施している四国・吉野川への交流ツアーも9回目となる今年は828日に久留米を出発、久留米大学生と一般の団体が小型バスで吉野川市を訪問しました。29日フェリーで松山港に早朝に上陸し、午前中、四国八十八カ所霊場を訪ね、阿波食ミュージアムを見学しました。午後、吉野川市内の会場に入り、三大河川シンポジウムに参加。筑後川をアピールしました。阿波おどり大会や夜の懇親会に参加し、利根川、吉野川の人々と大いに交流しました。30日は江川湧水源や阿波の土柱、日本最大の川中島を見学し徳島に別れを告げました。豊後海峡をフェリーで渡り、夜10時過ぎには久留米に帰着しました。(筑後川まるごと博物館運営委員会:nbt)
8月吉野川シンポジウム
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.