CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
12月23日予告「プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2」参加者募集
体験型”水”教育プログラム
「プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2」
 参加者募集中!
<久留米大学はプロジェクトWET導入校になりました>
 プロジェクトWETは国際的な「水に関する教育プログラム」で、国の「人材認定等事業」に登録されています。
子どもたちが水のことを楽しく学ぶために開発された体験型のプログラムで、
この講習会を受講し終了すると、エデュケーター(一般指導者)になることができます。
エデュケーターとはプロジェクトWETのプログラムを使って、子どもたちに直接水に関する教育を行う人のことです。
教職員,公務員,水や環境に関わる企業,団体,これらをめざす大学生,市民活動団体の方等に特にお勧めです。
教職員や学生の方々については割引がありますので気楽に参加してください。
●九州一の大河「筑後川」を間近に眺める環境の中で、水について体験しながら楽しく学びます。
 この講習会を修了すれば、履歴書にも書ける資格が取得できます。
【日時】2017年12月23日(土)9:30(受付開始)10:00開始〜17:00終了
【会場】筑後川防災施設くるめウス
    福岡県久留米市新合川1-1-3(百年公園北側,ゆめタウン西側)
            TEL:0942-45-5042   FAX:0942-45-5043
【講師】中山 尚(ファシリテーター)
【定員】20名(先着順)18才以上の方
【参加費】7,000(久留米大学学生,教員5,000)
          (その他の大学,短大,専門学校の学生,教員は 6,000)
           保険,資料,ガイドブック代等含む 
【当日持ってくるもの】筆記具、昼食の弁当、
学生は学生証,教員は幼稚園から大学までの学校教育法による教育機関や児童福祉法による保育所の教職員証のコピー
●この講習会で撮影した写真や映像は、広報のため印刷物やホームページ等に使用することがありますのでご了承下さい。 
【主催者・お問合せ・申込先】筑後川まるごと博物館運営委員会
 連絡先:〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-202
        TEL&FAX:0942-21-9311
      Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo
【参考】・会場ホームページ⇒http://kurumeus.net/
          ・主催団体ホームページ⇒http://ccrn.jp/maru/index.html
          ・プロジェクトWETとは?講習会情報など
       河川財団ホームページ⇒http://www.kasen.or.jp/wet/tabid121.html
詳細は、チラシをご覧ください。
参加希望の方は、添付チラシの裏面最下段の申込み欄に記入し、FAX送付してください。
または、下記に記入してEメールにて送付してください。
<久留米大学はプロジェクトWET導入校に指定されています。学生,教職員は一般より割安で受講できます。>

●この申込書を次の申込先へ送ってください(締切1213日)     

  FAX送信先→ 0942-21-9311  Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo

[プロジェクトWETエデュケーター講習会 in 筑後川2 ・1223日] への参加を申し込みます。

・名前:                           男 女  ・年令または学年:   才     

・住所:〒                                               ・所属団体,会社,学校名:                             

・TEL                   ・携帯:               ・Eメール:                           

・あなたは自然・環境系の他の資格を持っていますか?○印⇒無い・有る→(資格名)                                             

・自己紹介(アピール)                                                    

終了後、希望者で交流会(約60分程度)を開く予定ですがその際は参加されますか?

     ○印⇒ 参加する・しない ・今はわからない                                                                            

[個人情報は講習会の運営および当団体からの案内の他には使用いたしません]

広報チラシ↓

1●プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2チラシおもて

2●プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2チラシうら

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

9月23日から「自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習会 in筑後川」参加者募集
NEAL-ダー資格取得可能です!
自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習会 in筑後川
   参加者募集中!
”あなたも自然体験活動指導者になりませんか?”
体験の機会と場をつくる、
魅力的な感動あるプログラムをつくる、
楽しく安全に活動を指導する、
それが、自然体験活動指導者です。
●九州一の大河・筑後川と支流・高良川の合流点にあり、市街地に近いにもかかわらず自然が残る場所が会場です。ここで自然体験活動に必要な基礎技術や安全管理のノウハウを身につけて、安全で楽しい体験活動ができる指導者の育成を目指します。この資格取得を機にNEALリーダーとして活躍されることを期待します。
●「筑後川」を間近に眺める自然環境の中で、子どもたちとの野外活動に関わりながら楽しく学びます。
※全部で3日間の全講習を修了し審査に合格した方は、登録手続きのうえ全国体験活動指導者認定委員会から、自然体験活動指導者(NEALリーダー)の資格が認定されます。なおこの講習会は部分参加はできません
【日時】2017年  (各回日帰り)

[1回目]  9月23日(土) (9:30〜受付)10:00〜17:00 

  子どもキャンパスプログラムに指導者として関わります。

[2回目] 10月8日(日) 10:00〜17:00 

  子どもキャンパスプログラムに指導者として関わります。

[3回目] 11月18日(土) 9:45〜17:00 

  消防による安全講習会(普通救命講習、AED使用法,人工呼吸法の習得等)

【会場】筑後川防災施設くるめウスリンク
    福岡県久留米市新合川1-1-3(百年公園北側,ゆめタウン西側)
            TEL:0942-45-5042   FAX:0942-45-5043
【講師】土居 元 (土居自然学校※)リンク
 ※土居自然学校は全国体験活動指導者認定委員会よりNEAL養成団体として認定されています。
申込締切2017916
【定員】10名程度(先着順)18才以上で自然体験活動に興味ある方
【参加費1人9,000(保険料、資料代他)
 ・・・受付時に集めます。お釣りがないようにお願いします。
NEALリーダー資格登録費(別途必要です)
 一般5,000円、学生3,000(この資格は終身登録制です)
【当日持ってくるもの】

(全回共通) 筆記具、昼食の弁当、活動的な服装、靴、(受付時に) 学生は学生証のコピー

1回目9月・・子どもたちと川の水質調べ活動のため、ひざ下までの水深の川に入れる服装、濡れてもいい靴(サンダル不可)、タオル

・2回目10月・・子どもたちと野外で昆虫採集活動のため、斜面や草むらの中でも動きやすい長袖の服装(半袖半ズボン不可)、運動靴

●この講習会で撮影した写真や映像は、広報のため印刷物やホームページ等に使用することがありますのでご了承下さい。 
【主催者・お問合せ・申込先】筑後川まるごと博物館運営委員会
 連絡先:〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-202
        TEL&FAX:0942-21-9311
      Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo
【参考】・会場ホームページ⇒http://kurumeus.net/
          ・主催団体ホームページ⇒http://ccrn.jp/maru/index.html
    ・[Facebook筑後川まるごと博物館]⇒検索
          ・全国体験活動指導者認定委員会 自然体験活動部会
       NEALホームページ⇒http://neal.gr.jp/
詳細は、チラシをご覧ください。
参加希望の方は、添付チラシの裏面最下段の申込み欄に記入し、FAX送付してください。
または、下記に記入してEメールにて送付してください。

●この申込書を次の申込先へ送ってください(締切916日)     

  FAX送信先→ 0942-21-9311  

 Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo

「自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習会 in 筑後川」への参加を申し込みます。

・名前:                           

男 女  ・年令または学年:   才     

・住所:〒                                              

・所属団体,会社,学校名:                             

・TEL                   ・携帯:               

・Eメール:                           

・あなたは自然・環境系の他の資格を持っていますか?

 ○印⇒無い・有る→(資格名)                                              

・自己紹介(アピール)                                                    

終了後、希望者で交流会(約60分程度)を開く予定ですがその際は参加されますか?

 ○印⇒ 参加する・しない ・今はわからない                                                                            

[個人情報は講習会の運営および当団体からの案内の他には使用いたしません]

広報チラシ↓

広報チラシ↓

●NEALリーダー講習会チラシおもて454

●NEALリーダー講習会チラシうら454

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

7月1日実施報告「プロジェクトWET エデュケーター講習会in筑後川」

「プロジェクトWET エデュケーター講習会in筑後川」を開催

24人のエデュケーターが誕生しました!

2017年7月1日 筑後川防災施設くるめウス(福岡県久留米市)

 

 プロジェクトWETは国際的な「水に関する教育プログラム」で、子どもたちが水のことを楽しく学ぶために開発された体験型のプログラムです。この講習会を受講し終了すると、エデュケーター(一般指導者)になることができます。エデュケーターはプロジェクトWETのプログラムを使って、子どもたちに直接水に関する教育を行うことができます。

 九州最大の河川、筑後川の中流域にある久留米市の筑後川防災施設くるめウスにおいて、「プロジェクトWET エデュケーター講習会in筑後川」を行いました。当地で行うのは11年ぶりとなります。九州で行われることは少ないため、当初は参加者数が心配でしたが予想に反して多くの方に参加していただきました。九州河川協力団体のネットワークから9人、その他団体、会社、市民、学生など15人、合計24人の多様な経歴の方々が集りました。また、東京から指導者資格を持った二人の方が助っ人として参加されたいへん助かりました。

 参加された方々は、川や水関係の活動や業務に携われている方がほとんどで、それぞれの目標を持って参加されていたようです。そのため会場の雰囲気は、和気あいあいながらもプログラムに熱心に取り組まれ、熱気のある一日となりました。

 進行はファシリテーター中山さんの指導のもと、参加者は4つのグループに分かれて、まずアイスブレイクとして「雨降って地固まる」「青い惑星」を行って気分をほぐしたところで、アクティビティを4つ「大海の一滴」「驚異の旅」「殺人鬼は誰だ」「塵も積もれば」を行いました。

 午後、ガイドブックの中から「アクアボディ」「水リンピック」「ハンプティダンプティ」「水の住所」の4つのプログラムを選び、自分たちでやってみるピアティーチングを実践しました。参加者同士で話し合い、役割分担を決め、工夫しながら楽しく行いました。

 参加者それぞれの立場で、いろいろな気づきがあったようです。参加者には修了証が渡され、エデュケーターとしての資格が得られ今後の活躍が期待されます。講習会終了後、参加者14人程で近くの店での交流会にて意見交換を行いました。参加者からは、今日できなかったプログラムもみんなで研究する場が持てたらいい、などの意見が出されました。今後も定期的にこの講習会を行いたいと思います。

(主催者:筑後川まるごと博物館運営委員会 鍋田康成)

写真1:青い惑星                           写真2:驚異の旅

1●I青い惑星2●驚異の旅

写真3:塵も積もれば                                    写真4:アクアボディ

3●塵も積もれば4●アクアボディ

写真5:水リンピック                                        写真6:ハンプティダンプティ

5●水リンピック6●ハンプティダンプティ

写真7:さいごに全員集合・・・みんなが3本指を立てているのは、WETWを表します。

●WET講習会全員集合

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

筑後川・有明海水共同域を考える市民講座

筑後川・有明海水共同域を考える市民講座

主催 NPO法人 有明海再生機構

筑後川フェスタが10月中旬に福岡市で開催されるこの機会をとらえて、筑後川流域〜有明海〜福岡都市圏(筑後川の「水」で繋がる水共同域)の関係者が、筑後川、有明海の現状と課題について勉強し、水が山から海まで健全に循環し、そのもたらす恵沢を将来にわたり享受できるよう、健全な水循環を維持し、又は回復するために何をなすべきかを考える市民講座を開催したいと思います。4月より月1回ペースで開催予定。

有明海講座

・第1回 415日(土)14001530

「筑後川での愛護活動の実践」(久留米大学名誉教授 駄田井正)

・第2回 513日(土)14001530

「有明海の魅力と課題」(佐賀大学名誉教授  荒牧軍治)

・第3回 617日(土)14001530

「筑後川上流の水事情」(NPO法人日田水環境ネットワークセンター 前理事長 諌本憲司)

・第4回 723日(日)14001530

「有明海のノリ」(ノリ養殖業 川崎賢郎)

・第5回 819日(土)14001530

「筑後川(北部九州の水資源)」(九州地方整備局企画部 講師未定)

・第6回 917日(日)14001530

「筑後川水共同域を考える」

(北部九州河川利用協会 顧問 川上義幸)

・場所/福岡市天神エルガーラオフィス6(久留米大学福岡サテライト)

・問い合わせ先/0952-26-7050 ※演題は変わることがあります。

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

筑後川まるごと博物館が環境保全団体交流会で活動発表

筑後川まるごと博物館が環境保全団体交流会で活動発表

2017年2月19日 筑紫野市

筑北筑後地域環境協議会等の主催で開催された。基調講演は「すごい昆虫を探して」と題して丸山宗利氏(九州大学総合研究博物館助教)が世界の珍しい昆虫の話をされた。交流会では、生き物に関わる市民団体が多数集まり、小学生から高校生までの参加者も交えて活動発表をして意見を交わした。筑後川まるごと博物館は、筑後川高良川合流部周辺で昆虫や植物の調査研究している子ども学芸員養成講座の成果などをパネル展示した。(鍋田康成)

まるごとが環境交流会で発表

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

「熊本地震支援河川防災館連携協議会」の活動

「熊本地震支援河川防災館連携協議会」の活動

(一社)北部九州河川利用協会(平成28年度支援事業)

NPO法人白川流域リバーネットワーク 代表理事 金子  好雄さん

  2016年4月に発生した「平成28年熊本地震」による熊本・大分地域の被災者を対象に、九州の河川施設を活かした心的支援を実施し、震災被害の軽減に寄与することを目的とした「熊本地震支援河川防災館連携協議会」が(一社)北部九州河川利用協会様のご支援のもと昨年の6月に設立されました。

 当連携協議会は「筑後川発見館くるめウス」、「さが水ものがたり館」、「白川わくわくランド」の三館が連携して活動するもので、・被災者(子供たち)に対する心的支援の実施、・被災者情報の共有化、・緊急時の防災館活動の在り方などについて、各館長で協力し取り組むこととしています。

 昨年12月に行った会議では、オブザーバーとして、五ヶ瀬川のリバーパルの館長土井さんや、大分のレスキューサポート九州の木ノ下さんにも入ってもらい、これからの取り組みについて話し合われました。その後阿蘇の被災状況調査をおこないました。

防災館連携協議会vol.105_06-07p

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

第13回「ふくおか水もり自慢!in古賀」開催。

第13回「ふくおか水もり自慢!in古賀」開催。

  2016年12月3日に第13回「ふくおか水もり自慢!in古賀」が、古賀市リバースプラザこが交流舘の多目的ホールで開催されました。「ふくおか水もり自慢!」は、水や山など自然環境に取り組む市民活動団体が、一堂に集まり日頃の活動を自慢する会です。

 開会に先立ち九州大学の島谷幸宏教授、福津市の緒方義幸さんと古賀市緑のまちづくりの会の宿理英彦さんが基調報告をされました。

 活動報告では、福岡県下の小学生などを含む42団体による各3分間の発表がありました。発表者は発表時間3分にかけて、パワーポイントの活用や紙芝居風の発表など趣向をこらして自慢しあいました。

 また、寸劇やパフォーマンスによる発表があり、会場を賑わせていました。特に、福岡県県土整備河川課の皆さんは、「水害から自らの命を守るために災害に備えましょう」と、楽しいパフォーマンスでアピールをしていました。小学生たちのどの発表にも感動しました。また、企業からの発泡ガラスによる川の浄化についての発表は、興味深く聞きました。

 筑後川流域からの発表が少なかったのは少し残念でしたが、今回も盛会でした。「水もり自慢」の企画から運営にあたった九州大学、福岡大学をはじめとする他の大学の多くの学生スタッフに感謝。 (筑後川まるごと博物館 平田昌之) 

水もり自慢vol.105_02-03p

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

九州河川協力団体連絡会議(筑後圏域会議)開催

九州河川協力団体連絡会議(筑後圏域会議)開催

〜河川管理者と河川協力団体との協働によるいい川づくりを目指して〜

 2016年11月27日

河川協力団体とは、自発的に河川の維持、河川環境の保全等に関する活動を行うNPO等の民間団体のうち、団体からの申請に基づき審査して、国土交通省が指定した団体です。

 その指定を受けた8つの筑後川・矢部川流域の河川協力団体が昨年1127日(日)に一堂に会し、九州河川協力団体会議(筑後圏域会議)を開催しました。

 この会議は、河川を通じて、豊かで活力ある地域社会の実現を目指すために各団体間の情報共有や活動にあたっての課題、悩みなどの意見交換を行うものです。

 今回は、河川管理者と河川協力団体のパートナーシップをより深めるためにどうすればよいのかについての議論を行いました。

 まず、各団体の共通の課題でもある後継者問題です。各団体ともメンバーの高齢化が進み、団体の活動を担う人材を育成・確保していくことが緊急の課題となっています。持続的な活動のためには、「若者が集まる場づくり(きっかけづくり)が重要である」との意見や「活動にあたって必要となる河川についての知識、指導者としてのノウハウの習得のため研修会の開催を考えている」などの意見がありました。

 次は、人材ネットワークの仕組みづくりについてです。例えば、ある団体において、水面利用推進のため「カヌー教室」をしたいけど、その指導者がいないという悩みについては、他団体のカヌー資格保有者を紹介するなど、団体内で不足している部分について、他団体の人材のネットワークを利用することにより解決できる場合があるのでお互いに連携・協力しあっていくことを確認しました。

 また、このような他団体の意見を聞ける場は、この会議など年に数回ある程度であるため、メーリングリストなどで、気楽に相談できるような仕組みをつくってはどうかという提案もありました。

 その他、近年、水辺の利活用について全国的にも様々な取り組みが行われていますが、当圏域についても水辺の利活用の取り組みについてくめるウス周辺で河川清掃活動を行っている団体の事例を紹介頂きました。

 今後も筑後圏域の河川協力団体とより連携・協働を図りながら、地域を盛り上げ、親しまれ、愛される魅力ある筑後川・矢部川をつくっていきたいと思います。

 (国土交通省 筑後川河川事務所)

筑後圏域会議vol.105_06-07p

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

第16回九州「川」のワークショップin遠賀川、開催

16回九州「川」のワークショップin遠賀川、開催

ちくご川子ども学芸員養成講座の中学・高校生2人が活動発表

1112  北九州市黒崎ひびしんホール

 

   今年16回目を迎えた九州「川」のワークショップは、九州内の川や水に関わる活動している団体や関係機関が集まって交流するため行われました。

 テーマは、「川の力〜次世代への継承〜」として、川が作り上げてきた地域の文化や恩恵など、「川の力」について学び、次世代に継承する場となりました。全九州の48団体から活動報告がされ、子ども達も発表しました。そのうち筑後川まるごと博物館がくるめウスで行っている子ども学芸員養成講座に参加しているジュニア学芸員2人も1人ずつ元気に自分で研究調査した結果を発表しました。子ども達にとって、学校以外の場で一般の人々の前で1人で発表することは必ず今後に生きていくことでしょう。参加した他の大人や子ども達の発表を見ることも大いに刺激となったに違いありません。(鍋田康成)

第16回九州川のワークショップin遠賀川、開催11月

↓子ども学芸員養成講座のジュニア学芸員2人の発表の様子

第16回九州川のワークショップin遠賀川、開催11月syasinn

●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                    ここをクリック!→→人気
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

筑後川から五ヶ瀬川へ落語の出前

五ヶ瀬川(宮崎県延岡市)で開かれたリバーフェスタのべおかに、筑後川流域連携倶楽部理事の川嶋睦己氏が出演。「五ヶ瀬 川落語」というお題で、地域の魅力と防災意識の啓発を内容に盛り込んだ創作落語を披露した。今回の出演は河川協力団体の相互交流の中から実現したもの。同氏は「河川協力団体の会議などに出席をした際、九州各地の河川で活動する先輩や同世代との交流をとおして、個々に素晴らしい技術と知識が蓄積されているということを知った。これからは河川間の人的交流を促進していきたい」と話していた。(asa)

●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?

                    ここをクリック!→→人気
★筑後川を「調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を「旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の「川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
★twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.