CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
7月1日「プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川」参加者募集
体験型”水”教育プログラム
「プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川」
 参加者募集中!
プロジェクトWETは国際的な「水に関する教育プログラム」で、国の「人材認定等事業」に登録されています。
子どもたちが水のことを楽しく学ぶために開発された体験型のプログラムで、
この講習会を受講し終了すると、エデュケーター(一般指導者)になることができます。
エデュケーターとはプロジェクトWETのプログラムを使って、子どもたちに直接水に関する教育を行う人のことです。
教職員,公務員,水や環境に関わる企業,団体,これらをめざす大学生,市民活動団体の方等に特にお勧めです。
教職員や学生の方々については割引がありますので気楽に参加してください。
●九州一の大河「筑後川」を間近に眺める環境の中で、水について体験しながら楽しく学びます。
 この講習会を修了すれば、履歴書にも書ける資格が取得できます。
【日時】2017年7月1日(土)9:30(受付開始)10:00開始〜17:00終了
【会場】筑後川防災施設くるめウス
    福岡県久留米市新合川1-1-3(百年公園北側,ゆめタウン西側)
            TEL:0942-45-5042   FAX:0942-45-5043
【講師】中山 尚(ファシリテーター)
【定員】20名(先着順)18才以上の方
【参加費】7,000(学生,教員は6,000)保険,資料,ガイドブック代等含む 
【当日持ってくるもの】筆記具、昼食の弁当、学生は学生証,教員は証明書のコピー
●この講習会で撮影した写真や映像は、広報のため印刷物やホームページ等に使用することがありますのでご了承下さい。 
【主催者・お問合せ・申込先】筑後川まるごと博物館運営委員会
 連絡先:〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-202
        TEL&FAX:0942-21-9311
      Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo
【参考】・会場ホームページ⇒http://kurumeus.net/
          ・主催団体ホームページ⇒http://ccrn.jp/maru/index.html
          ・プロジェクトWETとは?講習会情報など
       河川財団ホームページ⇒http://www.kasen.or.jp/wet/tabid121.html
詳細は、チラシをご覧ください。
参加希望の方は、添付チラシの裏面最下段の申込み欄に記入し、FAX送付してください。
または、下記に記入してEメールにて送付してください。

●この申込書を次の申込先へ送ってください(締切6月20日)     

  FAX送信先→ 0942-21-9311  Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo

[プロジェクトWETエデュケーター講習会 in 筑後川 ・7月1日] への参加を申し込みます。

・名前:                           男 女  ・年令または学年:   才     

・住所:〒                                               ・所属団体,会社,学校名:                             

・TEL                   ・携帯:               ・Eメール:                           

・あなたは自然・環境系の他の資格を持っていますか?○印⇒無い・有る→(資格名)                                             

・自己紹介(アピール)                                                    

終了後、希望者で交流会(約60分程度)を開く予定ですがその際は参加されますか?

     ○印⇒ 参加する・しない ・今はわからない                                                                            

[個人情報は講習会の運営および当団体からの案内の他には使用いたしません]

広報チラシ↓

プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2017、オモテ

プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2017、ウラ

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

朝倉・第4回小水力発電シンポジウム 2017年3月12日予告

第4回小水力発電シンポジウム
〜小さな山里の、小さなチャレンジ〜

【基調講演 40分】 

「日本で最も美しい村」運動での    

     〜  小さな山里の、小さなチャレンジ 〜

      講 師  山田 泰司さん   

  NPO法人「日本で最も美しい村」連合・資格審査委員

  九州大学大学院工学研究院小水力エネルギーPJ研究コア 副コア長

【実践報告 各15分】 

・白木発電村より、白木発電村「ピコ発電での地域づくり」 

・水俣市より、寒川地区「地域主導型」小水力プロジェクト

・宮崎県日之影町より、専門農協を設立、政策融資で小水力導入

・宮崎県五ヶ瀬町より、農家のための産直市場、右肩上がりの成長

・エフコープより、地域づくりと産学民連携、白糸の滝STEP3 

 コーディネーター 九州大学工学研究院環境社会部門 島谷幸宏さん

■日時:2017年月12日(日) 14:00〜16:30

※白木発村見学会に参加をご希望の方は13時にらくゆう館へおいでください

■会場:杷木地域生涯学習センター「らくゆう館」 

     朝倉市杷木池田483−1  

■入場:無料

  ★主催 朝倉市に小水力発電を進める会

  ★協力 九州大学大学院工学研究院小水力エネルギーPJ研究コア      

            問い合せ先:平田昌之 090-4341-7712 

広報チラシ↓

小水力発電シンポジウムを3月12日

●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                    ここをクリック!→→人気
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

11月20日予告「有明海干潟サミット2016」

「有明海干潟サミット2016 」開催予告

= ラムサール条約湿地登録から見える干潟の魅力 =

日時:2016年11月20日(日13:30〜16:30

会場:佐野常民記念館 多目的室

 (佐賀市川副町 世界遺産「三重津海軍所跡」隣)

ホームページ⇒特定非営利活動法人 有明海ぐるりんネット

 

有明海干潟サミット2016

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

2月予告「ミズベリングセミナー」

「ミズベリングセミナー」開催予告

 2016年2月18日 久留米大学御井学舎

「ミズベリングセミナー」2月18日予告

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

高良山・里山づくりシンポジウム開催1月23日

「高良山・里山づくりシンポジウム」開催

 2016年1月23日久留米市

1月23日、御井校区コミュニティセンターにおいて、「高良山・里山」シンポジウムが開催された。地域市民を中心におよそ150名程の参加で会場は熱気にあふれた。「木の駅で、山も人もいきいき」と題して、岐阜市のNPO法人地域再生機構の森大顕理事(写真:右下)の特別講演では小規模自閥林家の人々が山に放置されている残材の搬出を支援し、支払を地域通貨「杉小判」で行うことで、地域経済の活性化を図る取り組みが紹介された。

 その後、行われたパネルディスカッションでは、放置竹林問題の解決策や伐採後の植林、伐採竹の有効活用など、技術的・法的問題について具体的な事例を基に、さまざまな意見が交換された。

 また、会場からも、現実的な意見が提案され、締めくくりとして、シンポジウムをふまえ、実際に行動する市民協議会の設立を求めて閉会された。

高良山・里山づくりシンポジウム開催1月

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

2016年2月20日予告「朝倉・小水力発電シンポジウム」

小水力発電シンポジウム
〜自然エネルギーの地域活用〜

基調講演】

「小水力発電の取り組み」村川友美
 株式会社リバー・ヴィレッジ 代表

【実践報告】

・「朝倉での小水力の取り組み4年間のまとめ」仲野美穂
 九州大学大学院都市環境システムエ学専攻 修士2

・「企業としての小水力発電の取り組み」 生野岳志

 株式会社明和製作所代表取締役 社長

・「洲本市千草竹原の取り組み」高橋 壱

 兵庫県洲本市農林水産部農政課

・「白木発電村の取り組み」林 清−

 白木地区小水力発電推進協議体 代表

・コーディネーター 島谷幸宏

 九州大学工学研究院環境社会部門 教授
■日時 2016220

13:00〜「白木発電村」開村式

*参加される方は12:30までに、らくゆう館へお越しください

14:3016:30シンポジウム

■会場 朝倉市杷木地域生涯学習センター「らくゆう館」

■入場無料

★主催 朝倉市に小水力発電を進める会

★後援 (―社)北部九州河川利用協会、
    九州大学工学研究院流域システムエ学研究室

連絡先:090-4341-7712(平田) te15maky@yahoo.co.jp

朝倉シンポジウム2016
★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

10月予告「地球環境って何?竹イカダ作りで子どもたちと遊ぶ」

「地球環境って何?

竹イカダ作りで子どもたちと一緒に遊ぶ」予告

日時:2015年10月18日

場所:くるめうす下の筑後川河川敷

「地球環境って何?竹イカダ作りで子どもたちと一緒に遊ぶ」予告10月18日(97号)

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan
JUGEMテーマ:地域/ローカル

第3回ちくご川竹筏レース開催
第三回ちくご川竹筏縦断レースが開催されました。
201551617日久留米市
 16日は、長さ15m2メートルの竹筏を2艘組んで、瀬の下の水天宮まで12km下る予定でしたが、前日からの降雨で筑後川の水かさが増し、小森野の船通しで船通しが使用できず、やむなく1層だけ組んでくるめウスから対岸まで乗り組み体験乗船しました。
 17日は昨年同様の横断レースを実施しました。
 対岸までの往復レース。1チーム2回レースを行い、2回行ったレースのタイムを競いました。9チーム参加があり成績は次のとおりです。
 1着 筑後川河川事務所チーム 225735
2着 ムライケミカルバックチーム 225828
 3着 筑後川モーターボートクラブ 233135
 皆様のご協力ありがとうございました。10月にも大きな竹筏を組んで、ギネス挑戦を目指します。
(実行委員長 駄田井正)
竹筏レース2015
★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓

「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」

★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報はコチラ

               ↓
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
twitter
kourasan ●twitterで最新情報発信中。
第8回福岡県竹林サミットin久留米
第8回福岡県竹林サミットin久留米
2015年2月21日(土)と22日(日)
第8回福岡
県竹林サミットが久留米で開催されます。

<プログラム>
2月21日(土)
■ 第1部
【 時間 11:30 〜 16:30 @くるめウス 】
・基調講演「筑後川流域における放置竹林問題」
講師:NPO法人筑後川流域連帯倶楽部 財津 忠幸氏
・団体の活動発表、無煙炭化器による竹炭制作
■ 第2部
【 時間 17:00 〜 20:30 @ 久留米市六つ門地区】
・那珂川バンブーオーケストラによるコンサート
・まちかどギャラリー
「春節を遊ぶ つくしの国のお正月」散策
( 竹加工品等展示 )
・交流会・意見交換(会費一人3,000円:申込制)
2月22日(日)
■ 第3部
【時間 9:00 〜 15:00 @ くるめウス (集合・解散)】
・天然記念物 高良山の金明竹林見学、
八女市立花町加工会社、竹細工工房などの見学
主催:
特定非営利活動法人 筑後川流域連携倶楽部
理事長 駄田井 正
TEL 0942-33-212
1http://www.ccrn.jp/shoukai/shoukai.htm
第8回福岡県竹林サミットin久留米実行委員会
FAX 0942-45-5043(くるめウス(内)
筑後川−竹・筏・夢プロジェクト実行委員
事務局 門田 裕一
竹林サミットチラシ
近くの「川の駅」はコチラ→筑後川防災施設くるめウス(福岡県)
周辺の情報はコチラ→筑後川流域・川の駅・川の情報ネット
●筑後川流域の情報をお寄せ下さい
筑後川源流の碑、神埼市脊振町に建立
筑後川源流の碑、神埼市脊振町に建立
〜流域のさらなる発展と交流促進を願い除幕〜

 佐賀県神埼市脊振町の高取山公園内わんぱく広場に「筑後川源流の碑」五基目が建てられ、126日に除幕式が執り行われました。
 この碑は、筑後川源流プロジェクト会議(神埼市、筑後川流域連携倶楽部、筑後川河川事務所、北部九州河川利用協会)により建てられたものです。
 流域に暮らす多くの人々や生き物に、さまざまな恵みをもたらし育んできた筑後川の支流の一つ城原川の源流に、筑後川流域が一つとなり、上流・中流・下流を問わず全支川の人々が交流し流域をまもる象徴になる事を期待します。
 碑は地元産の自然石が使用され、同市の松本茂幸市長が揮毫した文字が刻まれています。
 また、碑の隣には筑後川が一目でわかる案内表示板も併設されました。
  除幕式には関係者、流域の子供たち及び昨年、源流碑を建立した東峰村村長にも出席していただき、約60人が参加。流域のさらなる発展と交流促進を願い、参加者の近くを流れる川の石を持ち寄り台座に据えました。
  除幕式終了後は関係者と地元住民らが「筑後川懇話会」にて交流を図り、子供たちは「門松づくり交流会」にて、参考資料を見ながら現地ガイドの川と水の話を聞き、門松づくり体験などを行いました。
●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1クリックでランクがあがるかも?
                    ここをクリック!→→人気
★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓

「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」

★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓

「筑後川まるごとリバーパーク・よかばい!ちっご川流域めぐり」

twitter
         ↓
kourasan ●twitterで最新情報発信中。
JUGEMテーマ:地域/ローカル

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.