CCRN-blog

九州一の大河、筑紫次郎・筑後川流域で活動するNPO法人筑後川流域連携倶楽部と筑後川まるごと博物館運営委員会のブログです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    読み人知らず! (07/28)
  • 六ッ門大学において「流域の環境学」を開講中。(筑後川まるごと博物館運営委員会)
    fcm-design (07/26)
  •  第19回 筑後川フェスティバルin久留米
    Chikugogawa-blog (06/06)
アクセスカウンター2
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
6月30日予告「プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川-3」参加者募集
体験型”水”教育プログラム
「プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川-3」
 参加者募集中!
<久留米大学はプロジェクトWET導入校です>
 プロジェクトWETは国際的な「水に関する教育プログラム」で、国の「人材認定等事業」に登録されています。
子どもたちが水のことを楽しく学ぶために開発された体験型のプログラムで、
この講習会を受講し終了すると、エデュケーター(一般指導者)になることができます。
エデュケーターとはプロジェクトWETのプログラムを使って、子どもたちに直接水に関する教育を行う人のことです。
●2017年7月の第1回では24人の方が、12月の第2回では31人の方が、エデュケーター資格を取得されました。
 7月1日の実施報告記事⇒blog筑後川新聞http://news.ccrn.jp/?eid=1105835
   12月23日の実施報告記事⇒ blog筑後川新聞http://news.ccrn.jp/?eid=1105918
  今年6月は、くるめウスで3回目となる講習会を行います
 教職員,公務員,水や環境に関わる企業,団体,これらをめざす大学生,市民活動団体の方等に特にお勧めです。
 教職員や学生の方々については割引がありますので気楽に参加してください。
この講習会を修了すれば、履歴書にも書ける資格が取得できます。  
 九州一の大河「筑後川」を間近に眺める環境の中で、水について体験しながら楽しく学びます。
 【日時】2018年630日(土)9:30(受付開始)10:00開始〜17:00終了
【会場】筑後川防災施設くるめウス
    福岡県久留米市新合川1-1-3(百年公園北側,ゆめタウン西側)
            TEL:0942-45-5042   FAX:0942-45-5043
    ホームページ⇒http://kurumeus.net/
【講師】須藤 諒(ファシリテーター)
【定員】20名(先着順)18才以上の方
【参加費】8,000(久留米大学学生,教員6,000)
          (その他の大学,短大,専門学校の学生,教員は 7,000)
           保険,資料,ガイドブック代等含む 
【当日持ってくるもの】筆記具、昼食の弁当、
学生は学生証,教員は幼稚園から大学までの学校教育法による教育機関や児童福祉法による保育所の教職員証のコピー
●この講習会で撮影した写真や映像は、広報のため印刷物やホームページ等に使用することがありますのでご了承下さい。 
【主催者・お問合せ・申込先】筑後川まるごと博物館運営委員会
 連絡先:〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-202
        TEL&FAX:0942-21-9311
      Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo
【参考】・会場ホームページ⇒http://kurumeus.net/
          ・主催団体ホームページ⇒http://ccrn.jp/maru/index.html
          ・プロジェクトWETとは?講習会情報など
     お知らせ欄では、7月のくるめウスでの講習会のレポートも掲載中。
       河川財団ホームページ⇒http://www.kasen.or.jp/wet/tabid121.html
詳細は、チラシをご覧ください。
参加希望の方は、添付チラシの裏面最下段の申込み欄に記入し、FAX送付してください。
または、下記に記入してEメールにて送付してください。
<久留米大学はプロジェクトWET導入校に指定されています。学生,教職員は一般より割安で受講できます。>

●この申込書を次の申込先へ送ってください(締切6月5日)     

  FAX送信先→ 0942-21-9311  Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo

[プロジェクトWETエデュケーター講習会 in 筑後川-3 ・6月30日] への参加を申し込みます。

・名前:                           

男 女  ・年令または学年:   才     

・住所:〒                                              

所属団体,会社,学校学部学科名:                             

・TEL                   ・携帯:               ・Eメール:                           

・あなたは自然・環境系の他の資格を持っていますか?○印⇒無い・有る→(資格名)                                             

・自己紹介(アピール)                                                    

終了後、希望者で交流会(約60分程度)を開く予定ですがその際は参加されますか?

     ○印⇒ 参加する・しない ・今はわからない                                                                            

[個人情報は講習会の運営および当団体からの案内の他には使用いたしません]

広報チラシ↓(チラシは、くるめウスに置いています)

プロジェクトWET-3_チラシomote

プロジェクトWET-3_チラシura

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

1月27日予告「福岡渇水と朝倉の水資源開発」福岡市で公開講座・筑後川大学
1月27日(土)福岡市天神で公開講座をおこないます。
筑後川大学 受講生募集!
(市民向け公開講座)

あなたも筑後川のものしり博士になりませんか!
どなたの参加も大歓迎!→2017年度の詳細、年間予定はこちら
★筑後川大学の予告(今後2か月)

・第9講 2018年1月27日(土)13:30〜15:00

 <福岡出前講座>

「福岡渇水と朝倉の水資源開発」

・講師:恒吉徹 (朝倉市水政策調整官) 

・会場:福岡天神エルガーラオフィス6
 福岡市中央区天神1-4-2
 エルガーラオフィス6階601-602号室 TEL:092-737-3111
  (ビル南側の国体道路側に入口があります)

福岡出前講座・協力: 特定非営利活動法人 はかた夢松原の会

           (公財) 九州経済調査協会 BIZCOLI

           福岡都市圏広域行政事業組合

福岡市天神・エルガーラオフィス周辺地図↓
福岡天神エルガーラ地図
2018年2月の公開講座の予定は次の通りです。
・第10講 2018年2月24日(土)14:00〜15:30
 <日田市下筌ダムで出前講座>
「下筌ダムと蜂の巣城闘争」
・ 講師:川津桂男 (しもうけ館館長) 
・会場:しもうけ館 【開館:,,祝のみ】
  大分県日田市中津江村栃野下筌  TEL:0973-54-3120
蜂の巣城闘争のリーダー故室原氏が蜂の巣城を築いて61年。この闘争は、その後
の公共事業の進め方に多大の教訓を残した。館内には当時の生々しい資料や写真が
展示され、当時のDVD映像などを元に川津館長が、室原氏の心境を語り伝えます。

広報チラシ↓

●筑後川大学2017、1〜2月(福岡出前講座)チラシ180112

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

筑後川新聞110号を発行しました

筑後川新聞110号を発行しました。
2017年12月10日 冬号
●筑後川新聞(paper版)は片面B4版8ページフルカラーで隔月、年間6回25.000部発行しています。
流域関係行政機関、流域自治体、協力企業、会員等へお届けしています。
当倶楽部に入会されますと新聞をお届けいたします。正会員の会費は年間2,000円です。
ご希望の方は郵便局備付の用紙で、
郵便払込講座 01750−8−65203
加入者名「筑後川流域連携倶楽部」に納入をお願いします。
●広告掲載も受け付けています。お申込みは下記の発行元(NPO法人)までお問合せをお願いします。
●編集:筑後川まるごと博物館運営委員会
●発行元:NPO法人筑後川流域連携倶楽部
TEL:0942-33-2121 FAX:0942-33-2125
紙面左1p、右8p

vol.110_01-08p

紙面左3p、右2p

vol.110_02-03p

紙面左5p、右4p

vol.110_04-05p
紙面左7p、右6p
vol.110_06-07p

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

筑後川新聞109号を発行しました

筑後川新聞109号を発行しました。
2017年10月10日 秋号
●筑後川新聞(paper版)は片面B4版8ページフルカラーで隔月、年間6回25.000部発行しています。
流域関係行政機関、流域自治体、協力企業、会員等へお届けしています。
当倶楽部に入会されますと新聞をお届けいたします。正会員の会費は年間2,000円です。
ご希望の方は郵便局備付の用紙で、
郵便払込講座 01750−8−65203
加入者名「筑後川流域連携倶楽部」に納入をお願いします。
●広告掲載も受け付けています。お申込みは下記の発行元(NPO法人)までお問合せをお願いします。
●編集:筑後川まるごと博物館運営委員会
●発行元:NPO法人筑後川流域連携倶楽部
TEL:0942-33-2121 FAX:0942-33-2125
紙面左1p、右8p

109-1,8

紙面左3p、右2p

108-2.3

紙面左5p、右4p

109-4,5
紙面左7p、右6p
109-6,7

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

10月21日予告・筑後川流域ツアー「上流の現地学習」

筑後川まるごとリバーパークモニターツアー

10月予告  流現地学習

 筑後川を学ぶ公開講座「流域講座2017」及び「筑後川大学2017」の市民受講者向け現地学習(フィールドワーク)の案内です。

1.1021 (土) 流現地学習

源流探訪、九重高原と八丁原地熱発電所巡り」

●コース:

久留米大学9:00→高速道日田IC→下筌ダム→小国町川の駅レストランで昼食(各自自由に)

→筑後川源流,やまなみハイウェイ,牧の戸峠,九重高原,タデ原湿原

→八丁原地熱発電所見学→九重IC久留米大学着解散17:30頃

●久留米大学へのアクセス

    →こちらをご覧ください(この中の御井キャンパスです)

案内チラシ↓

●筑後川現地学習リバーパークツアー10月チラシ(集合場所入り)171010

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

12月23日予告「プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2」参加者募集
体験型”水”教育プログラム
「プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2」
 参加者募集中!
<久留米大学はプロジェクトWET導入校になりました>
 プロジェクトWETは国際的な「水に関する教育プログラム」で、国の「人材認定等事業」に登録されています。
子どもたちが水のことを楽しく学ぶために開発された体験型のプログラムで、
この講習会を受講し終了すると、エデュケーター(一般指導者)になることができます。
エデュケーターとはプロジェクトWETのプログラムを使って、子どもたちに直接水に関する教育を行う人のことです。
教職員,公務員,水や環境に関わる企業,団体,これらをめざす大学生,市民活動団体の方等に特にお勧めです。
教職員や学生の方々については割引がありますので気楽に参加してください。
●九州一の大河「筑後川」を間近に眺める環境の中で、水について体験しながら楽しく学びます。
 この講習会を修了すれば、履歴書にも書ける資格が取得できます。
【日時】2017年12月23日(土)9:30(受付開始)10:00開始〜17:00終了
【会場】筑後川防災施設くるめウス
    福岡県久留米市新合川1-1-3(百年公園北側,ゆめタウン西側)
            TEL:0942-45-5042   FAX:0942-45-5043
【講師】中山 尚(ファシリテーター)
【定員】20名(先着順)18才以上の方
【参加費】7,000(久留米大学学生,教員5,000)
          (その他の大学,短大,専門学校の学生,教員は 6,000)
           保険,資料,ガイドブック代等含む 
【当日持ってくるもの】筆記具、昼食の弁当、
学生は学生証,教員は幼稚園から大学までの学校教育法による教育機関や児童福祉法による保育所の教職員証のコピー
●この講習会で撮影した写真や映像は、広報のため印刷物やホームページ等に使用することがありますのでご了承下さい。 
【主催者・お問合せ・申込先】筑後川まるごと博物館運営委員会
 連絡先:〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-202
        TEL&FAX:0942-21-9311
      Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo
【参考】・会場ホームページ⇒http://kurumeus.net/
          ・主催団体ホームページ⇒http://ccrn.jp/maru/index.html
          ・プロジェクトWETとは?講習会情報など
       河川財団ホームページ⇒http://www.kasen.or.jp/wet/tabid121.html
詳細は、チラシをご覧ください。
参加希望の方は、添付チラシの裏面最下段の申込み欄に記入し、FAX送付してください。
または、下記に記入してEメールにて送付してください。
<久留米大学はプロジェクトWET導入校に指定されています。学生,教職員は一般より割安で受講できます。>

●この申込書を次の申込先へ送ってください(締切1213日)     

  FAX送信先→ 0942-21-9311  Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo

[プロジェクトWETエデュケーター講習会 in 筑後川2 ・1223日] への参加を申し込みます。

・名前:                           男 女  ・年令または学年:   才     

・住所:〒                                               ・所属団体,会社,学校名:                             

・TEL                   ・携帯:               ・Eメール:                           

・あなたは自然・環境系の他の資格を持っていますか?○印⇒無い・有る→(資格名)                                             

・自己紹介(アピール)                                                    

終了後、希望者で交流会(約60分程度)を開く予定ですがその際は参加されますか?

     ○印⇒ 参加する・しない ・今はわからない                                                                            

[個人情報は講習会の運営および当団体からの案内の他には使用いたしません]

広報チラシ↓

1●プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2チラシおもて

2●プロジェクトWETエデュケーター講習会in筑後川2チラシうら

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

筑後川新聞108号を発行しました

筑後川新聞108号を発行しました。
2017年8月10日 夏号
●筑後川新聞(paper版)は片面B4版8ページフルカラーで隔月、年間6回25.000部発行しています。
流域関係行政機関、流域自治体、協力企業、会員等へお届けしています。
当倶楽部に入会されますと新聞をお届けいたします。正会員の会費は年間2,000円です。
ご希望の方は郵便局備付の用紙で、
郵便払込講座 01750−8−65203
加入者名「筑後川流域連携倶楽部」に納入をお願いします。
●広告掲載も受け付けています。お申込みは下記の発行元(NPO法人)までお問合せをお願いします。
●編集:筑後川まるごと博物館運営委員会
●発行元:NPO法人筑後川流域連携倶楽部
TEL:0942-33-2121 FAX:0942-33-2125
紙面左1p、右8p

108-1.8

紙面左3p、右2p

108-2.3

紙面左5p、右4p

108-4.5
紙面左7p、右6p
108-6.7

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

9月23日から「自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習会 in筑後川」参加者募集
NEAL-ダー資格取得可能です!
自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習会 in筑後川
   参加者募集中!
”あなたも自然体験活動指導者になりませんか?”
体験の機会と場をつくる、
魅力的な感動あるプログラムをつくる、
楽しく安全に活動を指導する、
それが、自然体験活動指導者です。
●九州一の大河・筑後川と支流・高良川の合流点にあり、市街地に近いにもかかわらず自然が残る場所が会場です。ここで自然体験活動に必要な基礎技術や安全管理のノウハウを身につけて、安全で楽しい体験活動ができる指導者の育成を目指します。この資格取得を機にNEALリーダーとして活躍されることを期待します。
●「筑後川」を間近に眺める自然環境の中で、子どもたちとの野外活動に関わりながら楽しく学びます。
※全部で3日間の全講習を修了し審査に合格した方は、登録手続きのうえ全国体験活動指導者認定委員会から、自然体験活動指導者(NEALリーダー)の資格が認定されます。なおこの講習会は部分参加はできません
【日時】2017年  (各回日帰り)

[1回目]  9月23日(土) (9:30〜受付)10:00〜17:00 

  子どもキャンパスプログラムに指導者として関わります。

[2回目] 10月8日(日) 10:00〜17:00 

  子どもキャンパスプログラムに指導者として関わります。

[3回目] 11月18日(土) 9:45〜17:00 

  消防による安全講習会(普通救命講習、AED使用法,人工呼吸法の習得等)

【会場】筑後川防災施設くるめウスリンク
    福岡県久留米市新合川1-1-3(百年公園北側,ゆめタウン西側)
            TEL:0942-45-5042   FAX:0942-45-5043
【講師】土居 元 (土居自然学校※)リンク
 ※土居自然学校は全国体験活動指導者認定委員会よりNEAL養成団体として認定されています。
申込締切2017916
【定員】10名程度(先着順)18才以上で自然体験活動に興味ある方
【参加費1人9,000(保険料、資料代他)
 ・・・受付時に集めます。お釣りがないようにお願いします。
NEALリーダー資格登録費(別途必要です)
 一般5,000円、学生3,000(この資格は終身登録制です)
【当日持ってくるもの】

(全回共通) 筆記具、昼食の弁当、活動的な服装、靴、(受付時に) 学生は学生証のコピー

1回目9月・・子どもたちと川の水質調べ活動のため、ひざ下までの水深の川に入れる服装、濡れてもいい靴(サンダル不可)、タオル

・2回目10月・・子どもたちと野外で昆虫採集活動のため、斜面や草むらの中でも動きやすい長袖の服装(半袖半ズボン不可)、運動靴

●この講習会で撮影した写真や映像は、広報のため印刷物やホームページ等に使用することがありますのでご了承下さい。 
【主催者・お問合せ・申込先】筑後川まるごと博物館運営委員会
 連絡先:〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-202
        TEL&FAX:0942-21-9311
      Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo
【参考】・会場ホームページ⇒http://kurumeus.net/
          ・主催団体ホームページ⇒http://ccrn.jp/maru/index.html
    ・[Facebook筑後川まるごと博物館]⇒検索
          ・全国体験活動指導者認定委員会 自然体験活動部会
       NEALホームページ⇒http://neal.gr.jp/
詳細は、チラシをご覧ください。
参加希望の方は、添付チラシの裏面最下段の申込み欄に記入し、FAX送付してください。
または、下記に記入してEメールにて送付してください。

●この申込書を次の申込先へ送ってください(締切916日)     

  FAX送信先→ 0942-21-9311  

 Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jo

「自然体験活動指導者(NEALリーダー)養成講習会 in 筑後川」への参加を申し込みます。

・名前:                           

男 女  ・年令または学年:   才     

・住所:〒                                              

・所属団体,会社,学校名:                             

・TEL                   ・携帯:               

・Eメール:                           

・あなたは自然・環境系の他の資格を持っていますか?

 ○印⇒無い・有る→(資格名)                                              

・自己紹介(アピール)                                                    

終了後、希望者で交流会(約60分程度)を開く予定ですがその際は参加されますか?

 ○印⇒ 参加する・しない ・今はわからない                                                                            

[個人情報は講習会の運営および当団体からの案内の他には使用いたしません]

広報チラシ↓

広報チラシ↓

●NEALリーダー講習会チラシおもて454

●NEALリーダー講習会チラシうら454

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
 こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

平成29年7月 九州北部豪雨 筑後川上・中・下流の状況

平成29年7月 九州北部豪雨 

筑後川上・中・下流の状況

 

九州豪雨vol.109_01-08p

中流域の被害

 2017年7月5日に発生した九州北部の記録的豪雨で朝倉市杷木地域は、甚大な被害を受けた。杷木地域の山間部を流れる赤谷川(乙石川・小河内川・大山川)、白木谷川、寒水川、北川のどの川も土砂と流木で埋め尽くされた。扇状地の形成過程を見るかのような光景だ。災害の原因は、1,000mm24時間)を超す大量の雨量で風化した花崗岩 (真砂土)に植えられた人工林の山が崩壊し、土砂と流木が濁流となって谷川をくだり、流木が架橋に溜まり被害を拡大したと考えられる。流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所と推計されるという。朝倉地区、黒川地区の被害も大きい。朝倉市の被害状況は、死者30、行方不明4、全壊202、半壊781、床下浸水264、他に農林業水産業被害も大きい。(平田昌之)

 

九州豪雨vol.109_01-08p

上流 日田からの願い

  2017年7月、今回の豪雨被害の最大の要因は、写真にある通り上流(支流)山林の崩壊による流木と土砂流洪水にあるといえる。日田では、上流(支流)小野谷の山林崩壊をはじめ、大肥川沿い大鶴地区や本流沿いの夜明地区等で山崩れによる多くの被害が出て、住民は一時孤立状態となった。問題は、多くの住民が語っているように「温暖化による豪雨、長雨と山崩れは今後も各地で起こりうる」という事である。そんななかで、今求められているのは上流(支流)の山林と河川とを一体的にとらえた山林河川の「広域、複合的な流域防災システム」の早急な取り組みである。(当然、省庁や行政の枠をこえたシステム)今回の洪水は、私たちに筑後川流域で全国モデルとなるこうしたシステムへの取り組みを今まさに求めているといえる。 (成毛克美)

 

九州豪雨vol.109_01-08p

下流および有明海への影響

2017年夏、北部九州朝倉地方を襲った未曾有の豪雨、その被害者の皆様へ心よりお見舞い申し上げます。5年前、2012年豪雨を上回る雨量と甚大な被害が出ました、地球温暖化の世界的な影響も考えられます。今回の豪雨による河川環境破壊は筑後川下流と有明海にも顕在化しました。NPO法人大川未来塾と、NPO法人みなくるSAGAはこの豪雨による「流木と漂着ごみ」の回収に連携してあたり多くの回収作業をお盆前より約一月にわたり活動してきました。国土交通省河川事務所と筑後川下流、佐賀県土木事務所及び佐賀県中部農林事務所と有明海深奥部の海岸を協働して活動しました。今回の流木・漂着ゴミの特徴を数枚の写真で広域にわたる現実の被害を紹介します。 NPO法人大川未来塾・NPO法人みなくるSAGA  本間雄治)

 

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

- | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
昭和28年筑後川大水害を伝える会 開催

昭和28年筑後川大水害を伝える会 開催

2017年7月9日 久留米市

 

 昭和28年筑後川大水害から64年目を迎え、今年の大水害を伝える会は、7人の証言発言者が次々と体験談を語った。約30人の参加者は、小森野橋流失時の悲惨な体験談などを息を飲んで聞き入っていた。最後には幻のレコード「防災派遣の歌」をみんなで唱和した。(鍋田康成)

大水害を伝える会108_4.5

★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
      ↓
こちらをクリック
「筑後川まるごとリバーパーク・
よかばい!ちっご川流域めぐり」

★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

               こちらをクリック
筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

facebookロゴ148

facebookで最新情報発信中!

 ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

twitterで最新情報発信中。
twitter
こちらをクリック→kourasan

JUGEMテーマ:地域/ローカル

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.